2009年12月24日

いかがなものか青木真也

 大晦日のDynamite!!の2回目のカード発表があり、DREAMライト級王者青木真也選手vs戦極ライト級王者廣田瑞人選手、川尻達也選手vs横田一則選手が発表されたのですが、そこでの青木選手の受け答えがなんとも…。

kamiproの記事へのリンク

 元々川尻選手のタイトルマッチが決まっていてその準備もしていたのに興行側の都合で対戦相手が変更された事に不満を感じているのは理解できます。とはいえ記者会見なのにスーツではなくジャージで来たり、対戦相手ではない横田選手に「黙れ!」と筋違いな挑発をするのは、本当にこの興行を盛り上げようという気持ちがあるのか?と首を傾げてしまいたくなります。

 「(K-1と戦極の都合で対戦相手が変わった事は青木・川尻戦を準備してきたDREAMの)スタッフの顔に泥を塗った。」という発言もしているんですが、「嫌々ですけど戦いますよ。」という態度は、本来やりたかった物ではなくなったとはいえDynamite!!を成功させようとしているDREAMのスタッフ達の顔に青木選手が泥を塗っているんじゃないかなぁ。選手の冷めた態度はお客さんに伝わってしまい会場の熱気を冷ましてしまうと思うんです。ここは嘘でも「やる気マンマンです!」と言って、不満は興行が終わった後に言えば良かったんじゃないのかなぁ。

 合同興行の記者会見が最初にあったときに青木選手が「戦極のチャンピオンは誰か知らない。」とうそぶいて廣田選手を挑発したんですが、廣田選手が別の選手と戦いたいとスルーしてしまったことに「せっかく挑発したのにKYだ。」と非難していたのですが、いやいや今の青木選手もかなりのKYですよ。「DREAMの大黒柱」と自称するのならもっと大きな視野で考えないと。


同じカテゴリー(格闘技)の記事画像
三崎和雄・秋山成勲戦について
UFC144の写真
UFC日本大会です
後楽園ホールです
久しぶりのタモさんvs寛平ちゃん
格闘秘宝館OSAKA
同じカテゴリー(格闘技)の記事
 三崎和雄・秋山成勲戦について (2012-12-21 17:05)
 UFC144の写真 (2012-03-01 00:05)
 UFC日本大会です (2012-02-26 13:45)
 後楽園ホールです (2011-04-22 19:15)
 久しぶりのタモさんvs寛平ちゃん (2011-02-16 21:56)
 格闘秘宝館OSAKA (2010-11-13 16:43)
Posted by 天野"kevin"達也 at 17:36│Comments(0)格闘技
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。