2013年12月22日

「永遠の0」にあるモヤッとしたもの…

 百田尚樹さんによるベストセラー作品を「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督が映画化した「永遠の0」を見てきました。ややラストエピソードが間延びした(待たされた)感がありましたが、それでも2時間24分という長編を退屈させなかったのは凄かったと思います。原作を読んでいてもやっぱり泣いてしまいましたし。ただ、良くできたドラマを見た以上の感想が出てこないのです。特攻という物を描いている以上、日本軍ではなく他の物…会社等に置き換えることは無理としても、どこかそっちでも出来てしまうような気がするのです。

 他作品と比較するのは下品なことと承知した上で言うと「風立ちぬ」とどうしても比較してしまう自分がいるのです。「風立ちぬ」は宮崎駿監督の中の堀越二郎像であってファンタジー色が強く、現実さ、リアルさで言えば「0」の方が上回っています。しかし宮崎さんの作品への魂の入れ方が尋常じゃなかった。それと比べてしまうと「0」は「ゼロ戦作って魂入れず」に見えてしまう(実際は山崎監督も魂入れたはずなのに!)。山崎監督の世代、そして商業的といったことを考えると反戦とも、戦争賛美とも言えなかった面があったと思うのですが、もう少し監督の「コレが言いたい!」というのがあっても良かったんじゃないかなぁ?まぁ、宮崎監督はあまりに自分をさらけ出し過ぎました。真っ裸の人間には勝てないですよ(苦笑)。


同じカテゴリー(映画)の記事画像
新橋文化会館閉館
「モンスターズ/地球外生命体」鑑賞
映画喫茶白鯨5月でした(来月もあるよ)!
映画喫茶白鯨5月(終&続)
メガ・シャークvsメカ・シャークをいち早く。
映画喫茶白鯨5月でした&重大発表!
同じカテゴリー(映画)の記事
 新橋文化会館閉館 (2014-09-01 15:05)
 「モンスターズ/地球外生命体」鑑賞 (2014-06-02 23:15)
 映画喫茶白鯨5月でした(来月もあるよ)! (2014-05-26 23:05)
 映画喫茶白鯨5月(終&続) (2014-05-12 18:15)
 メガ・シャークvsメカ・シャークをいち早く。 (2014-04-28 22:05)
 映画喫茶白鯨5月でした&重大発表! (2014-04-24 10:35)
Posted by 天野"kevin"達也 at 10:00│Comments(0)映画
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。