2013年11月12日

青年座公演「テロリストは山手線に乗る」観劇

 さて先日東京に行って来たのは皇居を走るにあらず(ちょい目的ではありましたが)。よく見させて頂いている劇団6番シードの松本陽一さんによる脚本・演出による青年座公演「テロリストは山手線に乗る」を見に行って来たのです。青年座さんには申し訳ないのですが、老舗の劇団さんはちょっとお客さんの年齢層が高めのイメージがあって僕としては縁がない、と思っていたのでいい機会だと思い行って来ました。

 落ち目の駄菓子メーカーの一室で新商品の宣伝企画が持ち上がる。それは社員達がテロリストに扮し「東京を占拠する」という予告をするものの、実は新商品のラッピング電車を山手線に走らせるというフェイクムービーをYoutubeに投稿する、という物だった。テロリストとしてのリアル感を出すために傭兵経験のある人をコーチに呼び特訓を重ねる社員達。やがてフェイクムービーは完成するがネットからの反応は今ひとつ。しかしゴシップ記者や国際会議の開催、そして同じ名をかたるテロリストが現れたことから引くに引けない状況に追い込まれる。やがて社員達はある決断をすることになる…というお話でした。 

 いやー全てにおいて冴え渡った素晴らしいお芝居でした。6番シードさんで昨年11月に公演を行った「傭兵ども砂漠を走れ」からのスピンオフ的作品になるのですが、スピンオフとなると元作品からワンランク下になりがち。しかし「テロリスト~」は全然単独でも成立・勝負できる作品に仕上がっていました!日本を舞台に銃器やテロを扱う事に現実性を持たせる事の難しさを、序盤はゆるく笑いで乗り切り、徐々に人間ドラマを盛り上げることで上手く切り替えているのが流石なのです。機会があれば6番シードバージョンも作って欲しい所。



 個人的にツボだったのは銃器の素人である駄菓子屋メーカーの社員達が間違った構え方を矯正されていく所。「テロリストは山手線に乗る」「傭兵ども砂漠を走れ」で銃器アドバイザーを担当した元傭兵細川雅人さん(「傭兵~」は細川さんの経験を元に作られた作品)のワークショップを受けたことがあるのですが、僕たちがワークショップで受けた内容そのままだったので再受講した気分(笑)。あれ、「上手く下手にやる」のと「自然に上手くやる」のと両方演じ分けしないといけないから役者さん達は大変だったと思うなぁ。



 さて6番シードさんは11月29日から東京中野で「Dear Friends」という舞台をやります。こちらは久しぶりの大阪公演もあり!来年1月23日から26日まで。旭区の芸術創造館に集合です!
http://www.6banceed.com/dearfriends/index.html
http://www.artcomplex.net/art-space/index.html


同じカテゴリー(演劇)の記事画像
(多分)9年ぶりに歌舞伎を見る
バンタムクラスステージ「Jack Moment」観劇
6番シード「Dear Friends」再び!
バンタムクラスステージ東京公演観劇
6番シード「Dear Friends」観劇
天国デビュー1周年記念「エミちゃん祭り」
同じカテゴリー(演劇)の記事
 2014年観劇上半期記録 (2014-07-04 22:45)
 (多分)9年ぶりに歌舞伎を見る (2014-05-03 16:15)
 バンタムクラスステージ「Jack Moment」観劇 (2014-03-18 00:31)
 2013年観劇下半期記録 (2014-02-13 12:05)
 6番シード「Dear Friends」再び! (2014-01-26 22:41)
 バンタムクラスステージ東京公演観劇 (2013-12-09 23:15)
Posted by 天野"kevin"達也 at 16:05│Comments(0)演劇
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。