2013年06月26日

クロスボーンは20周年ではない???

 ツイッターで「ガンダム大全」というガンダム関係書籍・DVD・ゲーム等の情報サイトを運営している大全さん(@itezagogokuji)が今発売中の「ガンダムエース8月号」の特集にしている「クロスボーンガンダム20周年」に対して「クロスボーン20周年はまだ早いんじゃないか?」という主旨のツイートをされていて、僕もちょっと疑問に感じたので調べてみました。



 「20周年」としてのスタート地点を決めないといけないのですが、これは漫画「クロスボーン・ガンダム」の連載が始まった所からでいいと思います。「発表された」という定義は色々出来ますが、これが一番古いはずですし。ウィキペディアによると「月刊少年エース」創刊号である94年12月号なので発売日である10月26日が紀元になります。

 アーティストの節目のイベントの時なんかによく言われるのですが「○周年」の数え方と「○年目」のそれが混同されがちでややこしかったりします。辞書で調べてみると「周年」とは
物事が始まってから、その数だけの年が「過ぎた」ことを表す。
引用元 三省堂大辞林第三版
なので例えば「結婚一周年」は「結婚して一年過ぎました」という事になります。これをクロスボーンガンダムに当てはめると…

94年10月 連載開始
95年10月 1周年
96年10月 2周年

12年10月 18周年
13年10月 19周年
14年10月 20周年


ということはガンダムエース8月号が発売された13年6月26日は
まだ18周年の後半
ということになります。あれ?20周年どころか19周年でもない???

 念のため2009年に数多くのイベントが行われたガンダム30周年も調べてみるとファーストガンダムの放送開始が1979年なので2009年-1979年=30周年の公式が成り立ちます。これをクロスボーンに当てはめると2013年-1995年=18周年となるのでやっぱり20周年は達成していないことになります。

 念には念をいれてもう一つ。この8月号ではガンダムエース創刊12周年の記念号でもあるのですが、創刊されたのが2001年6月25日。発売日も一日違うだけなので2013年-2001年=12周年となり、やはり公式として間違っていないことになります。



 これはあくまで検証しただけですし、もしかしたらクロスボーンの紀元が1993年にある「何か」があるのかもしれません。ただ、ガンダムエースのどこを読んでも「93年」という記述はなく、むしろ連載が始まった95年を紀元としているような書き方で…。もしこれを読んでいる方で情報なり正解なりをお持ちの方がいらっしゃったら教えて下さい。

 それとこの検証が当たっていたとしても、僕が不利益を被った訳じゃないので編集部の皆さんにどうこうしろと言うつもりはありませんし、突き放した感じがしますがどうでもいいんですよね。ただ、この企画に付き合う事になった作者の長谷川裕一先生とゲストイラストを提供した各先生方はどうなるの?という心配はどうしてもしてしまうのです。


同じカテゴリー(ガンダムエース)の記事画像
なんば紅鶴さんで徳光康之先生が帰って来るよ!
お久しぶりの徳光先生にイヤァオ(やったぁ、ということです)!
ぬまっちさん出ていますやん!
安彦良和アニメーション原画集「機動戦士ガンダム」
谷和也先生、とりあえずお疲れ様でした!
ガンダムエース3月号(赤い人出まくり)!
同じカテゴリー(ガンダムエース)の記事
 なんば紅鶴さんで徳光康之先生が帰って来るよ! (2016-05-04 19:18)
 お久しぶりの徳光先生にイヤァオ(やったぁ、ということです)! (2013-10-09 00:05)
 ぬまっちさん出ていますやん! (2013-06-26 00:05)
 安彦良和アニメーション原画集「機動戦士ガンダム」 (2013-06-06 17:05)
 谷和也先生、とりあえずお疲れ様でした! (2013-05-24 17:05)
 ガンダムエース3月号(赤い人出まくり)! (2013-01-26 00:04)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。