2010年12月12日

しばしのお別れ、ガンダム講談

 昨日、大阪難波のワッハ上方で行われた旭堂南半球さんのガンダム講談会に行ってまいりました。

 ワッハ上方が改修に入るとかで、2年4ヶ月続いたここでのガンダム講談にピリオドではないけれどひとまずコンマが打たれることになりました。調べてみると僕が始めてここに来たのが2008年の12月だったのでちょうど2周年。全部通えたわけではないんだけれど、本当に濃密な体験をさせていただきました。



 ガンダム講談会に行くと有名無名、表方裏方いろいろありましたが有能なクリエーターが観客として(時にはゲストとして)集まってきます。正直僕は田舎者です。田舎は人口が少なくなるために必然的に才能ある人に出会う可能性が減ってしまいます。そういった環境にいた僕にとってはこの場に行き、直接色んなお話を聞けるのはとても刺激的なことでありました。結果を残すことが出来た今だから言えるのですが、いい年にもなってガンダムエース誌で「ガンネタ選手権」という所でネタ職人をやりつづけているのも出会った才能へのうらやましさや嫉妬にも近い感情があったことも原因の一つだったと思います(大部分はホームグラウンドだったラジオ番組が無くなった事が理由なのですが)。

 ガンダムエースもこの会に行かなければ出会えなかった訳ですし、南半球さん以外の講談を見る機会が増えたのそう。その他にも演劇、映画、芸術、ゲーム等々。人間動かなければ何も始まらないな(でも動いても何もないことも多々あるけれど)、ということを実感した2年間でした。



 始めて講談会に行ったときに当時出演者だったぬまっちさんに「これから打ち上げあるんですけど、よろしければどうですか?」と誘われていなければどうなっていたんでしょう(きっとつまらない人生だったのは間違いない)?

 事情によりやむを得ず離れざるを得なかった方や中には亡くなられた方もいると聞いていますが、この会に関わった出演者・スタッフのすべての皆様に感謝!



 そしてワッハ上方にも感謝!



 ワッハ上方でのガンダム講談会はいったん終了となりますが、旭堂南半球さんのガンダム講談会はこれからも大阪の別の場所、東京や地方都市でも続いていきます。まだ未体験の方は是非。


同じカテゴリー(講談)の記事画像
ありがとう、ワッハ上方
マルセ太郎を偲ぶ会
ジャズ講談「セロニアス・モンク物語」
今日はTORII HALL
これからフランス書院文庫の講談をしよう(フフフ)
1周年ともうちょっとで1周年
同じカテゴリー(講談)の記事
 ありがとう、ワッハ上方 (2013-03-17 19:52)
 マルセ太郎を偲ぶ会 (2012-01-30 00:05)
 ジャズ講談「セロニアス・モンク物語」 (2011-04-29 00:05)
 今日はTORII HALL (2011-01-30 13:23)
 これからフランス書院文庫の講談をしよう(フフフ) (2010-11-17 00:05)
 新生バンクララジオ聴いてね (2010-10-01 22:15)
Posted by 天野"kevin"達也 at 17:43│Comments(4)講談
この記事へのコメント
昨夜は楽しかったですね。
ケビンさんには荷物預かり所が大変だった時に助けていただいたりしてありがとうございました!
あれは本当に助かりました!
これからもよろしく!
Posted by ごんぼそごんぼそ at 2010年12月12日 17:56
ありましたねぇ!お客さんが来すぎて見るに見かねて急遽スタッフとして走り回りました。スタッフとして関わったのはあれが最初で最後でしたが。

そういやガンダム講談会メンバーで一番お会いすることが事が多かったのはごんぼそさんじゃないのかなぁ?こちらこそこれからもよろしく!よいジークジオンを(お年を)!
Posted by 天野“ケビンコナス”達也天野“ケビンコナス”達也 at 2010年12月12日 18:18
南半球さんの講談はまだ聴いた事ないですが、
新聞で初めて知りました。
それから南半球さんのブログにお邪魔し、
そこでケビンンコナスさんのブログにお邪魔するようになりました。

いつか南半球さんの講談を聴いてみたいと思います♪
Posted by がんじい at 2010年12月13日 13:54
是非体験して下さい。頻繁とは行かないようですが、東京でも公演がありますし。
Posted by 天野“ケビンコナス”達也天野“ケビンコナス”達也 at 2010年12月13日 20:58
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。