2014年03月22日

名古屋で展覧会みっつをハシゴする無茶をするw。

 さて只今名古屋に来ております。東京の「江戸東京博物館」で開催されていた「大浮世絵展」が名古屋にやってくるというので以前から行く予定は決めていたのですが、いろいろ調べてみると面白い展覧会が同じタイミングで名古屋に来ているというので一気に廻ってみました。



 まず一つ目は本命の名古屋市博物館で開催中の「大浮世絵展」。浮世絵の起源から始まり、黒一色から、一色加わり、またさらに一色加わり、最後にはぼかし技術まで出来るようになる版画技術の進歩の過程が解るようになっているのが嬉しい。なかなか無い肉筆画もあるのも良し。東京でもそうだったみたいなんですが、名古屋でも作品の入れ替えが多数あるようです。名古屋に住んでいたら何回も通っていたかもなぁ(ちなみに巡回の最後となる山口会場では東京名古屋の一部のみ・入れ替え無しになってしまうそうです)。

 そして二つ目はコレ。浮世絵を見たらソレに影響を受けた印象派の絵も見なきゃ。愛知県美術館の「印象派を超えて 点描の画家たち」です。


 印象派が浮世絵の影響を受けたのは有名ですが、今回の展覧会はその印象派としてのチームの終わり頃、ゴッホやゴーギャン以降の作品になるため影響を受けて消化しきった後、という感じでしょうか。点描は色盲検査に使われた物が絵になったと言ったらイメージしやすいかな?正直点で構成された絵を沢山見るのは疲れたけど(苦笑)、ピサロといった印象派初期の展示もありましたし、常設展示には藤田嗣治の作品があったりとバラエティあふれる展示で面白かったです。

 三つ目は名古屋ボストン美術館の「北斎展」


 再び浮世絵です。北斎が長命だったこともあり、この展覧会でも版画技術が数色しかない時代から多彩になっていく過程が見ることが出来る…のですが、正直北斎の展覧会は何処でもやっているので(版画ですからね)、ちょっと物足りなかったです。ただ10点ほどしか作品が残っていない彼の娘、葛飾応為の「三曲合奏図」が見られたのは普段はボストン美術館に収められているから余計に、値打ちがあったと思います。彼女については下のリンクに詳しいです。
http://matome.naver.jp/odai/2134715841487358101

 と言う訳で三つの展覧会を見てきたのですが、正直頭も体も疲れてクタクタ(苦笑)。糖分を、糖分をくだしゃい~。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 18:30Comments(0)展覧会

2014年03月18日

バンタムクラスステージ「Jack Moment」観劇

 さて先日日曜日に劇団バンタムクラスステージさんの舞台「Jack Moment」を見に行ってきました。2011年に大阪を拠点にしていた時の作品の再演となります。

 1960年代アメリカ・シカゴ。物語は時計屋のフロッグ(土屋兼久)の独白で語られる。会計士のジャック・モーメント(信國輝彦)は顔も見たことのない母親から200万ドルの価値がある株式を相続したことを知らされる。突然大金持ちになった事に浮かれるジャックだが、一転街を牛耳るイタリア系ギャングに拉致され相続した株式を譲るように脅迫される。しかし相続の条件として1年間の期間を置いてから貸金庫が開かれる事を聞かされたギャングは仕方なく解放。元警官で手先に成り下がったダニー(福地教光)を監視に付ける事にする。

 送り返す最中にダニーはジャックからある計画を持ちかけられる。それは所属しているギャングを裏切ることになる事になるのだが、彼女が抱えた借金がある事情から乗ることになる。やがて潰れかけのボクシングジムの連中や元自動車泥棒、そして時計屋のフロッグを仲間に入れてその計画を実行するのだが…というお話でした。



 いやー今回も面白かった!両方見ていない人に上手く伝えられるか不安だけど、大阪版が16:9の字幕付劇場映画だとすると、今回のは4:3のブラウン管テレビで見る吹替映画、という感じ。でもそれは決してダウングレードした訳ではなく、今使える役者さん、お客さんの求める物、劇場のサイズに合わせて別の面白さを引き出してきた。コメディ要素も加わった所にも好感。今回、役者さんに声優さんが多く参加したためなのか吹替映画(もしくは漫画・アニメ)ぽく過剰に演じる所があり、多分そこが気になる人がいたとは思うのですが、これはこれで僕は好きでした。

 で、どちらのバージョンが好きか?と聞かれたらちょっと逃げもあるけど「どちらも好きです」としか言い様がない(苦笑)。確かに大阪版の方がハードボイルド的でサスペンスのドキドキ感は高かったと思うのですが、「映画的」と言われ続けてきたバンタムクラスステージがより演劇的になった東京版の良さも認めたい。人によるでしょうが見やすくなった面も良し。それより比較することよりも劇団が東京に移転して以前の良さだけに頼らず次のバージョンとして進化していていることが何より素晴らしい。

 役者さん達で印象に残ったのは出番は少ない物の物語の土台として支えた「おじさん」達、ガラかつとしさん、上杉逸平さん、徳永健治さん、そして久しぶりの舞台となった声優の宝亀克寿(ほうきかつひさ)さんの四人を挙げたいです。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:31Comments(0)演劇

2014年03月10日

16日は映画喫茶白鯨です!

 僕は東京に行っているので欠席なのですが、告知はきちんとしなければ!

 若林賢太郎さん主宰のイベント「映画喫茶白鯨」が3月16日(日)、19時から大阪難波の味園ビル内「なんば白鯨」さんにてあります。プレゼンテーマは「追悼、吹替の名優」。見てきた映画を語り合う「宿題のコーナー」は「ホビット 竜に奪われた王国」と「キックアス2」です。お時間ありましたらよろしくお願いします!

3/16(日)
「映画喫茶白鯨」
start 19:00 / ¥500- (1drink別)
出演 / 若林賢太郎、中澤勇一(アニメR)、ごんぼそ
http://hakugei.net/archives/8523

  

Posted by 天野"kevin"達也 at 12:05Comments(0)映画

2014年03月08日

トキワ荘名物「チューダー」を作ってみる。

 漫画家が多く集まった「トキワ荘」を語る上で必ず出てくる名物アルコール「チューダー」を作ってみました。資料としたのは藤子不二雄A先生の「マンガ道」の続編、「愛…しりそめし頃に…」。「サイダーと焼酎」のカクテルというのはわかるものの、その当時使用した銘柄までは不明…と思ったところ、最終巻の12巻にヒントがありました。

サイダーは三ツ矢サイダー。焼酎は「宝」の字が見えることから宝酒造の宝焼酎だと思います。

 というわけで購入。どちらもコンビニで買えるというのがありがたい。宝焼酎は20度と25度の二種類があるのですが当時の先生方の生活状況を考えると安い方を選んだと思い20度を購入。

まぁ、クセの少ない甲類焼酎であればなんでもいいと思うのですが。

 レシピは同じく「愛…しりそめし頃に…」に2巻にあったのでこの通りに。焼酎3にサイダー7の割合だそうです。


 という訳で出来上がり。

呑んでみるとお酒、という感じは少なく三ツ矢サイダーそのままという感じ。かなり呑みやすい「カクテル」である一方で、ビールやウィスキーのような苦さ的な物を求めているとちょっと味気ないかも。三ツ矢サイダーの甘さがあるので食事しながらこれを呑むのはちょっと抵抗あるかなぁ…。美味しいのは美味しいんですけどね。食後の一杯ならアリかもしれない。同じように作る人にアドバイスですが、焼酎が底にたまりやすいのでレシピの「③棒でよく混ぜる」はきちんとした方がいいと思います。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 12:05Comments(0)お酒

2014年03月04日

映画喫茶白鯨でした!2月でした!

 遅ればせながら先月28日に行われた映画喫茶白鯨にお越し頂いたお客様、ありがとうございました!今回は以下の内容でお送りしました。

○若林氏が見た映画の報告。「ゼロダークサーティ」と「脳男」をレンタルで見たそうです。
○チラシのコーナー。ガンダムユニコーンで故・永井一郎さんの声は収録済みなのか、どうなのか?
○若林氏が出演した学生作品の短編映画をみんなで鑑賞。音声解説付きで見られるのは映画喫茶白鯨だけw!
○ようやく出演者が集まったところで「宿題のコーナー」。想定していた以上でも以下でもない「大脱出」を適当に切り上げて(!)、F1映画の「RUSH」へ。そして我々映画喫茶メンバーがエキストラ出演した「ソウル・フラワー・トレイン」へ。
○ごんぼそさん「(映画「ソウル・フラワー・トレイン」は)インディーズぽい映画じゃなく、もの凄くメジャー感のある。とにかくお客さんを楽しませようという感じにあふれた。登場人物みーんな愛すべき人物で。何遍でも見たくなるような。凄い良い映画だったんで、それも意外だった。」
映画「ソウル・フラワー・トレイン」は現在東京再上陸中。池袋シネマ・ロサにて3月6日まで上映中。そして3月8日から新開地の神戸アートビレッジセンターにて上映が始まります。
○「RUSH」つながりで、ニキ・ラウダをモデルにしたニック・ラムダが登場するアニメ「グランプリの鷹」のプレゼン。ティレルP34の6輪車を超える8輪車!
○プレゼンのコーナー。若林氏の誕生日を祝う「ターンエー生誕祭」でした!最終決戦は私が押す「キャビン(主演:「RUSH」のクリス・ヘムズワース)」とアニメアール中澤さんが押す「華麗なる追跡(主演:志穂美悦子)」の二作品に。さて勝者は誰なのか?

イベントの様子はなんば白鯨さんのユーストリームで見ることが出来ます。
http://www.ustream.tv/recorded/44315606



 さて次回の映画喫茶白鯨ですが3月16日(日)。19時からです。プレゼンテーマは「追悼、吹替の名優」。宿題は「ホビット 竜に奪われた王国」と「キックアス2」です。スイマセン!僕は東京に行く用事がありまして欠席です!
3/16(日)
「映画喫茶白鯨」
start 19:00 / ¥500- (1drink別)
出演 / 若林賢太郎、中澤勇一(アニメR)、ごんぼそ
http://hakugei.net/archives/8523  

Posted by 天野"kevin"達也 at 20:15Comments(0)映画