2014年01月26日

6番シード「Dear Friends」再び!

 東京の劇団「6番シード」さんの公演「Dear Friends」が大阪にやってくるというので東京に引き続き行ってまいりました!旭区の芸術創造館に!



 東京公演の時に書いた感想ではその後の大阪もあったのでネタバレにならないよう具体的な事は触れなかったのですが、今日で全公演が終わったのでもう書いても大丈夫ですね。ボロボロのアパート「メゾン・ド・ピクルス」にある売れない漫画家「哲学先生」(樋口靖洋)の部屋が舞台。名前の通り哲学を語り面倒くさい人でありながら大家や住民達が集まる場となっていた。そこに彼の漫画にあこがれ、弟子入りを希望する常地(藤堂瞬)が入居してきてアパートはさらに賑やかになる…というお話でした。



 いつもの6番シードさんの公演では客演(ゲストの役者さん)を多く呼び、映画的な賑やか、かつ華やかな物になっているのですが、今回は劇団員7人+日替わりの客演1人という非常にシンプルかつ、演劇らしい作品となりました。各キャラクターも演じる人の延長線上にあるような感じでしたし、次々と新入居者が入ってくるという流れを見ても「今の6番シード」そのものを芝居にしたという印象を持ちました(元々東京公演は劇団20周年の締めくくりという作品でした)。さらに客演の皆さんも過去の6番シードさんの作品に関わったことのある人だけになっているはずで、それこそ「メゾン・ド・6番シード」だったなぁ、と思ったのです。

 その客演の役者さんの使い方も挑戦的で、実は前半と後半の間にちょっと出ておしまい、というのを想像していたのですが(過去公演「ボイスアクター」もこのパターンでしたので)、芝居始まってすぐの大きく笑いが取れる「つかみ」の所と、終盤に現れ、物語を締める「泣き」の部分を任せる、裏主役とも言える大事なポジションだったのには驚かされました。東京公演の時の感想で「可能ならば全バージョン見たい」と書いたのですが、ここに凄さを感じたからなんです。客演の役者さんが変わることで別のお芝居になるんだから。前述のとおり過去公演で組んだことのある役者さんしか使わなかったのは、気心が知れた仲じゃないとやれない、という理由もあったんでしょう。小さな物語だったけど、試みは大きかった、そこに惚れ込みました。

 作・演出の松本陽一さんと終演後ちょっと話をさせて貰ったのですが、主演の樋口さんの受け入れが東京よりも大阪の方が良く、客席の暖まり方が早かった印象を持たれたそうです。これは僕も同意見で、「哲学先生」の名前の通りかなりエキセントリックなキャラなので東京ではちょっと不安な立ち上がりになっていたのを覚えているのですが、大阪では自然と入ってきたからお芝居はホント、不思議。これは吉本新喜劇を見ている大阪のお客さんの風土によるものなのか、大阪向けにチューニングしなおした演出の良さなのか、樋口さんの成長が大きかったのか。…すべてかな(笑)。



 最後に個人的な話になるのですが、同公演の山場と言える所に花*花の「さよなら大好きな人」が流れてくるのですが、実はこの曲を作詞作曲したこじまいずみさんとは小・中・高と同級生で、なおかつこの「大好きな人」である彼女のお祖父さんの事も知っているという環境下に僕がいたので、この曲に対して普通皆さんがやったであろう自分の友達や身内を亡くした事を重ね合わせて感情移入することが出来ず、良い曲以上の感情を持てないままでいたのです。しかし今回、この曲が流れた時に「ぐっ」と来る物がやってきました。ようやく13年経って泣かせてくれた事に、客の僕から言うのもちょっと変な話ですがこのお芝居に感謝したいと思います。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 22:41Comments(0)演劇

2014年01月19日

再びターナー展へ。

 11月に東京上野で見た「ターナー展」神戸市立博物館に来るということで再び見に行って来ました。

改めて見ると光の表現が凄いんです。絵に電飾を仕掛けてあるんじゃないか、と思うくらい。これが図録とかの印刷物になるとその光の部分が消されてしまってあまり面白くない。どの展覧会でも本物の方が勝っているのは当然の話なのですが、ターナーに関しては特にそう感じました。贅沢を言えば山下達郎さんの「ターナーの機関車」の元ネタとなった絵も見たかったのですが、所蔵元が違うので来日せず。残念。しかし是非会場で!4月6日までです。

  

Posted by 天野"kevin"達也 at 09:35Comments(0)展覧会

2014年01月16日

映画喫茶白鯨1月&大魔王ラジオチャンネル祭り

 さて先日10日はなんば白鯨さんの「映画喫茶白鯨」でした。お越し頂いたお客様、ありがとうございました!イベントの様子はなんば白鯨さんのユーストリームで公開されております。
http://www.ustream.tv/recorded/42591218

今回の内容は…
○流しのマジシャンMr.Goldさんによる飛び込みショーに一同ビックリ!
○正月映画見た?見ていない…。
○前回のイベントから10日ちょっとしかたっていないので前回のあまりでやる「チラシのコーナー」。
○「宿題のコーナー」はレンタル中の「クロニクル」と「ゼロ・グラビティ」。またジャパニメーションがパクられたw???
○プレゼンは「外国映画(ハリウッド以外)」。ごんぼそ節が炸裂!?

次回は2月28日(金)にやります!宿題は我々映画喫茶白鯨メンバーがエキストラ参加した「ソウルフラワートレイン」(1/18から十三の第七芸術劇場)とスタローンとシュワルツェネッガー二大スター共演「大脱出」。プレゼンテーマは主宰の若林氏の生誕記念として「若林生誕祭」です。
http://hakugei.net/archives/8250



 そして「GoodTimeMusic」でお世話になっている大魔王さんがネットラジオ開始5周年を迎えるに当たり、記念イベントがなんば白鯨さんの姉妹店、なんば紅鶴さんであります。2月11日17時半スタートです。こちらもよろしくお願いします!
「大魔王ラジオチャンネル」へのリンク  

Posted by 天野"kevin"達也 at 21:15Comments(0)映画

2014年01月09日

1/10に映画喫茶白鯨があります!

 前回から10日ちょっとしか経っていませんがw「映画喫茶白鯨」新年一発目、やります!大阪難波の味園ビル内、なんば白鯨さんで1/10(金)19時からです!

○「宿題」のコーナーはアカデミー賞有力作「ゼロ・グラビティ」とセル&レンタルが開始された「クロニクル」です。
○プレゼンのテーマは「外国映画(ハリウッド以外)」です。

1/10(金)
「映画喫茶白鯨」
start 19:00 / ¥500- (1drink別)
出演 / 若林賢太郎、中澤勇一(アニメR)、ごんぼそ、ケビンコナス
http://hakugei.net/archives/8194

  

Posted by 天野"kevin"達也 at 17:05Comments(0)映画

2014年01月08日

ホンダPCXにカーナビを付けてみる・その1

 さてマイバイク、ホンダのPCX150にカーナビを取り付けたくなったので色々調べてみるとパナソニック(旧SANYO)のサイクルゴリラが良さそうなので購入…していません!バイクにカーナビを取り付けるにはそれを固定する部品(取付クレードル)が合うかどうか確認しないといけないので、まずそれから試してみました。


 本来自転車用の「CA-PMC60D」。


 中身はこんな感じ。取り付け金具の六角レンチとハンドルのパイプの太さに合わせるクッションが付属。


 普通だったらハンドル左側(写真のデジタル時計があるところ)に取り付けるのかな。先にホンダバイクのアフターパーツで有名なエンデュランス社製のハンドルクロスバーを取り付けていたので僕はそこに取り付けることにします。


 パイプの太さに合わせるクッションは三種類。マニュアルによれば26mm~32mm用、23mm~26mm用、22mm~23mm用だそうです。


 ハンドルクロスバーの一番太いところで20mm。一番細い22mm~23mm用でも余る計算。ちょっと不安…。


 取り付けてみると2mmの差はなんとかなりました。ハンドルクロスバーに取り付けた方が正面に来るために目線の移動に無理がなく、安全だと思います。後はカーナビを購入するだけ!  

Posted by 天野"kevin"達也 at 17:05Comments(0)ホンダPCX150

2014年01月03日

「クロニクル」と「ゼロ・グラビティ」鑑賞

 さて映画喫茶白鯨1月の宿題、セル&レンタルが開始された「クロニクル」と公開中の「ゼロ・グラビティ」を見てきました。

 まずは「クロニクル」。謎の物体に接触したことからサイキックパワーを手に入れた高校生3人。最初はいたずら程度にその能力を使っていたのが、次第に能力が開花し、登場人物一人の人生の歯車が狂いだした事で大惨事を起こしてしまう、というお話。

 「ブレアウィッチプロジェクト」「クローバーフィールド」といった「主人公達がビデオカメラを持っていて、その映像を編集しドキュメンタリー風に仕立てる」作品かつ、「AKIRA」や「キャリー」の子供とも言える物、といったら伝わりやすいかな?これはほんと良くできた作品!正直学生達が四六時中カメラを回している所に無理がある物の(特に女の子は何故?)、前半コメディ仕立てにすることでその疑問をクリアし、ツカミとしても成立させているのは流石。そこからアメコミ&パニック物の展開にスイッチすることで前半と後半のギャップから物語としての厚みを感じるのも凄い!83分という上映時間もちょうどいい長さ。これ以上長くすると設定等に色々ボロが出てきた可能性があったと思う(5分長いエクステンデッド版を早送りで確認したけど「宇宙人の何か」を示唆しすぎて人間ドラマが希薄になりかねないので僕は評価しません)。

 そして「ゼロ・グラビティ」。マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)とライアン・ストーン(サンドラ・ブロック)がハップル宇宙望遠鏡をメンテするために船外活動をしている最中にロシアが自国の人工衛星を処分するためにミサイルで爆破したとの報告が上がってくる。当初自分たちには影響がなかったはずなのだが、爆破の連鎖反応が起きてしまい、大量の人工衛星の破片がこちらに向かってくる事が判明。急ぎスペースシャトルで地球に帰還しようとするものの間に合わず、クルーの内生き残った二人は国際宇宙ステーションに避難するのだが…というお話です。

 宇宙空間に放り出されることの残酷さからサバイブする物語。子供の頃から宇宙をニューフロンティアでありニューステージだと思っていた身としては「宇宙って夢もロマンもねえよなぁ!」と思ってしまうくらいの世界でした(苦笑)。古今東西、宇宙を描いた作品は数多くあれど「宇宙と戦う」話はこれと「アポロ13」くらいじゃないのかな?その「アポロ13」も半分は対機械の話だから、「ゼロ・グラビティ」はありそうでなかった作品なのかもしれない(もしあったらスイマセン。そういや管制センターからの声にエド・ハリスが起用されているのは「アポロ13」へのオマージュなんでしょうか)。見るんだったら2Dよりも3D、3DよりもIMAXですね。映画館の暗闇と大画面に映し出される宇宙が同化できる環境でみるべし!

 余談ですが両作品とも理由は違うけど舞台的だな、という印象が。「クロニクル」は前述のとおり前半コメディ、後半シリアスという手法が。「ゼロ・グラビティ」は二人芝居、というか一人芝居でも充分できるという点で。

1/10(金)
「映画喫茶白鯨」
start 19:00 / ¥500- (1drink別)
出演 / 若林賢太郎、中澤勇一(アニメR)、ごんぼそ、ケビンコナス
http://hakugei.net/archives/8194  

Posted by 天野"kevin"達也 at 22:35Comments(2)映画

2014年01月02日

よつばとダンボー展

 新年あけましておめでとうございます。という訳で新年らしい写真をドン!


現在大阪心斎橋の大丸で開催中の「よつばとダンボー展」から迎春仕様のダンボーでした。この展覧会は僕と同郷のあずまきよひこ先生による漫画「よつばと」に関する物で、東京、名古屋と回り、ようやく大阪にやってきてくれたのです。


内容は「よつばと」のコミックス発売に合わせて製作されたフライヤーや書店用のディスプレイ。「よつばと」の原稿。「よつばと」を製作するために購入した小道具といった物でした。500円の入場料を考えれば充分な内容でしたが、もう少し生原稿があっても良かったかなー。


ダンボーとよつばと記念撮影できるコーナーも。


あずま先生も訪れてサインを書いていったそうです。開催は1月6日(月)までです。「よつばと」ファンは是非!
http://www.yotsuba10.com/index.html  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:15Comments(0)展覧会