2013年11月28日

「かぐや姫の物語」は見に行くべし!

 見てきましたですよ。高畑勲監督最新作「かぐや姫の物語」。かなり凄いです!芸術的技量が最も求められる背景画の延長線上にあるような動画が見られることの贅沢さ!短編やPVレベルであれば世界中でいくらでもあるんでしょうけど、長編映画となるとこれをやりとげた作品はかなり数が少ない想像できます。ただ、観客側に高畑監督がここまでやる意味と意義を見ただけで理解できるかどうかちょっと不安(前作の「となりの山田君」の例もありますし)。高畑・宮崎監督が在籍していた東映動画の初期作品からの流れからすれば「かぐや姫~」に行くのは実は自然な流れなんですけどね。虫プロ以降の「ローコスト・アニメーション」が「日本のアニメの本流」という視点だけしか持てなかったら、ここまで芸術的にやる意味が見えてこないと思うのです(僕は虫プロの功績はそれはそれで大きかったと思いますが)。「風立ちぬ」で「何故か解らないけど泣けた。」という感想があったのですが、無意識の状態でも感動させるのがベストだし、この「かぐや姫~」でもそうあって欲しいと願うのですが。



 見に行く前は「ストーリーもオチも知っている『竹取物語』を見て楽しめるのか?」という不安があったのですが、意外、というと失礼だけどよく出来ていました。このお話をやる上でネックになるであろう「かぐや姫が何故地球に来て」、「何故男達を振り回し」、「何故月にかえっていったのか」。ここを見事に埋めてくれているのです。それも必要以上に加えなかった点も素晴らしい!原作では自分の値打ちを上げすぎている、やや傲慢なイメージのあるかぐや姫にまさか感情移入出来る日がくるとはw。

 あと地井武男さんの翁と田畑智子さんの女童がいい!幼少期のかぐや姫に接する翁が一番泣けるポイントかも(鬼籍に入った地井さんへの思いで何割か増しになってしまっているのかもしれないけど、ここは泣き所!)。女童はいるだけで笑える、場が和む。彼女のおかげで長時間、絵を、お芝居を見ていられるんだよなぁ。

 先ほどの「今更の竹取物語」という点と2時間17分というやや長めの作品に躊躇しているのか、僕が見に行った回は正直お客さんが少なかったです。僕も不安を持っていたのでその気持ちは解るのですが、「風立ちぬ」以上に作家性を持ったアニメ作品は今後そうそう出会えないと思います。またそういった作品がそろったことで今年はスタジオジブリのビンテージイヤーとして記憶される事になると思います。ならば見に行った方がいいですよ!解らなくてもなんでもいいから、劇場で体験出来るのは今だけなんだからw!  

Posted by 天野"kevin"達也 at 21:50Comments(0)映画

2013年11月26日

30日は映画喫茶白鯨でございます!

 11/30(土)、大阪難波の味園ビル内「なんば白鯨」さんにて「映画喫茶白鯨」をやります。19時からです!メンバーのごんぼそさんの誕生日を祝い、彼にお奨めの映画のプレゼンをします。「宿題」のコーナーはロングランヒットとなっている「陽だまりの彼女」をやる予定なのですが…野郎共はこの映画を見てきているのかw?お時間ありましたら是非!

11/30(土)
「映画喫茶白鯨」
start 19:00 / ¥500- (1drink別)
出演 / 若林賢太郎、中澤勇一(アニメR)、ごんぼそ、ケビンコナス、帝、他
http://hakugei.net/archives/7846
  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:05Comments(0)映画

2013年11月25日

「ソウルフラワートレイン」再び!


 以前紹介した映画「ソウルフラワートレイン」が大阪ヨーロッパ映画祭で上映されるということで見に行って来ました!二回目だけど改めて見る事で色んな所にその後のシーンへの布石がきちんと配置してあったことが見えてきました。上映後での質疑応答では今作の撮影期間は予算等の関係上、10日しかなかったと西尾孔志監督が答えていたのですが、それだけ慌ただしい中であれだけきちんと計算された演出が出来ていた事に驚きなのです。感動して泣いている人、多かったなぁ。かくいう私もちょっとうるっと…w。

 そして来年1月17日から十三の第七芸術劇場での上映が決まりました!大阪を舞台にした作品がその大阪に帰ってきます。特に女性に是非!
http://www.nanagei.com/movie/data/795.html

ソウルフラワートレインのHP

  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:20Comments(0)映画

2013年11月23日

天国デビュー1周年記念「エミちゃん祭り」

 昨年11月17日に亡くなった牧野エミさんを追悼するイベント、「天国デビュー1周年記念『エミちゃん祭り』」に行って来ました(この「記念」としたところが故人の人柄と人望から伺えますね)。夕方の部と夜の部の二部構成。若干ゲストの違い等がありましたが基本内容はほぼ同じだったようです。僕は仕事の都合があったので夜の部に行って来ました。

 このイベントは彼女が生前通り組んでいたがん患者と家族、支援者達が分かち合うリレーウォーク等のイベントを行う「リレー・フォー・ライフ」へのチャリティーとなっており、出演者・お客さんが無料で集まるイベントとなっていました。




爆笑BOOINGで一緒に司会をしていた遥洋子さんや晩年出演していたラジオ「ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です」のリスナーさんから花が贈られていました。


ロビーには様々な時代のエミさんの写真が。お客さんが写真にコメントのメモを貼れるようになっていました。




最後に所属していた「タニマチ金魚」で使われた小道具等も展示。


タニマチ金魚第一回公演「更年期 SHOW ガール」で使われた小道具。


劇団「MOTHER」のパンフレット。「売名行為」時代のは無かったような?


エミさんの遺品をチャリティー販売。こうして服を見るときゃしゃな人だったんだなぁ。所属事務所のプロフィールを見ると157cmとあるんで決して小さくはないんだけど、服から受けた印象はそれよりも小さく見えました。


同じく遺品から。アクセサリー系は夕方の部で結構売れてしまったようです。

 さてイベントの方はオープニング+30分×3の計四部構成。まずは今イベントの呼びかけ人である升毅さんの司会でスタート。「MOTHER」公演のオープニングダンス映像(牧野エミ振付)をバックに元「MOTHER」のメンバーによる再現がありました。姪の牧野舞さん(イリージョニスト)も参加するという粋な演出もあり。あの当時を知る人たちにはたまらない物があったんじゃないでしょうか。

 第一部は三代澤康司アナによるラジオのコーナー。ラジオコントを一緒にやっていた松尾貴史さん、FM番組でのコンビ、元ナニワエキスプレスの清水興さん、「歌謡大全集」でのコンビで「ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です」の後継アシスタントとなった桂南天さんの四人によるトーク。

 第二部は「タニマチ金魚」でのエピソードをクイズにしたコーナー…だったはずが司会の後藤ひろひとさんによって大喜利になっていましたw。そのおふざけに対してのエミさんからのおしかりがあったのか終演直前にひろひとさんの靴の底が外れるというサプライズがw。出題者として「タニマチ金魚」の楠見薫さん、中道祐子さん。出題のナレーションとして川下大洋さん。回答者に国木田かっぱさん、武内由紀子さん、夜の部には爆笑BOOINGに出演していた矢野兵動の兵動大樹さんが参加していました(他数名参加していたのですが間違いがあったらいけないのでカットします。スイマセン!)。

 第三部は「売名行為」「MOTHER」の映像を当時の仲間達と振り返るコーナー。立原啓祐さん(おじいちゃんメイクをしていたので最初誰か解らなかったw!)、東野ひろあきさん(北野誠さんの元相方。現放送作家・劇作家)、コング桑田さんとあと数名(スイマセン!!)、そして元「MOTHER」のメンバー達。司会は升毅さんでした。僕が知っている牧野エミさんはテレビやラジオのエミさんで劇団時代の頃は知らなかったのでとても新鮮でした。オープニングとエンディングでは恒例だったダンスはエミさんが振り付けしていた事、映画「フットルース」が好きだったこと(ダンスの影響もここからだとか)、姉御肌で新人女優が入ると「なにかあったら私の名前出しっ!」と言っていたこと等々。

 最後に「タニマチ金魚」でエミさんの舞台衣装として制作されたセーラー服をじゃんけんでお客さんにプレゼント。エミさんが亡くなった事を知らないままこのイベントの告知を聞いてかけつけた女性が受け取っていました。最後の最後で制作を担当(?)していたわかぎゑふさんが登場して終了。

 涙もちょっとあったけど、まさに「天国デビュー1周年」というエミさんらしい楽しいイベントでした。この場に集まってくれた皆さんに、そして集めてくれた牧野エミさんに感謝!

  

Posted by 天野"kevin"達也 at 09:25Comments(0)演劇

2013年11月18日

神戸マラソン完走しました!

 ツイッター等では報告済みなのですが、神戸マラソン完走しました!タイムは5時間12分。昨年の新潟シティマラソン(4時間59分)からの自己ベスト更新とはなりませんでしたが、楽しいジョグとなりました。沿道での応援していただいた皆さん、ボランティアスタッフの皆さん、ありがとうございました!


 スタート地点。この時点では寒かったです。今年はいいコンディションでの大会になったんじゃないかな?ほどほどに暖かく、海からの風が無かったために障害になるものが少なかったと思います。


 折り返し地点。ここでの応援が一番多くて賑やかだったような。


 そして終盤の鬼門、神戸大橋w。上り坂が得意なので調子に乗って昇ったのが失敗だった!全身の筋肉が固まってしまって足どころか体が前に出ない。ラスト2kmはほぼウォーキングでした。この反省を生かしてもう一度神戸走りたい!走っているときは「誰だ?この坂設定したの?」と思ってたんですけどw。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 12:05Comments(0)

2013年11月17日

神戸マラソン当日っすよ!


行ってきまーす!
  

Posted by 天野"kevin"達也 at 08:06Comments(0)その他

2013年11月15日

神戸マラソンEXPO!

 17日の神戸マラソンに参加するために神戸国際展示場で受付をしてきました。東京・大阪といった大きなマラソンイベントとなると受付と同時にスポンサーのブースや売店が多数参加するEXPOというのがあるのですが、今回の神戸のアシックスのブースにはゲストに有森裕子さんが!


ここに来たことで本当に走るんだなぁ、と実感が沸いてきました。日曜日、頑張ってきます!
  

Posted by 天野"kevin"達也 at 23:10Comments(0)その他

2013年11月14日

上野の東京都美術館で「ターナー展」

 高い交通費を出して東京に行った訳ですから元を取るためにアチコチ廻って来ましたよ。上野の東京都美術館で開催中の「ターナー展」を見に行って来ました。


 ロンドンのテート美術館が所蔵するJ・M・W・ターナー作品の展覧会なのですが、これが良かった!まず単純に数が多く、モノが大きい(当たり前だけどココ大事)!

 ターナーの絵は魅力は霞(かすみ)がかかったようなぼやっとした作風なんでしょうが(油絵なのにまるで水彩画のよう)、不思議なのは絵の焦点が手前にある物ではなく、画面の奥に位置する空、太陽、月、虹といったものにそれを当てようとしていう点。普通、画家は手前の物に焦点が当たるように描くものだと思うんですが、ターナーはこれをすることで絵に奥行きが出しているような。それと自然の中の人間なんて小さいと表現しようとしたのかな?ただ人間を主体に描いた作品が非常に少なかったので、そもそも人を描くことに興味がなかっただけなのかもw。

http://www.turner2013-14.jp/index.html
 1月から神戸市立博物館でも展示されます。ターナーは図録だと迫力が削られてしまうので会場で見ることをオススメしますよ。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 12:05Comments(0)展覧会

2013年11月12日

青年座公演「テロリストは山手線に乗る」観劇

 さて先日東京に行って来たのは皇居を走るにあらず(ちょい目的ではありましたが)。よく見させて頂いている劇団6番シードの松本陽一さんによる脚本・演出による青年座公演「テロリストは山手線に乗る」を見に行って来たのです。青年座さんには申し訳ないのですが、老舗の劇団さんはちょっとお客さんの年齢層が高めのイメージがあって僕としては縁がない、と思っていたのでいい機会だと思い行って来ました。

 落ち目の駄菓子メーカーの一室で新商品の宣伝企画が持ち上がる。それは社員達がテロリストに扮し「東京を占拠する」という予告をするものの、実は新商品のラッピング電車を山手線に走らせるというフェイクムービーをYoutubeに投稿する、という物だった。テロリストとしてのリアル感を出すために傭兵経験のある人をコーチに呼び特訓を重ねる社員達。やがてフェイクムービーは完成するがネットからの反応は今ひとつ。しかしゴシップ記者や国際会議の開催、そして同じ名をかたるテロリストが現れたことから引くに引けない状況に追い込まれる。やがて社員達はある決断をすることになる…というお話でした。 

 いやー全てにおいて冴え渡った素晴らしいお芝居でした。6番シードさんで昨年11月に公演を行った「傭兵ども砂漠を走れ」からのスピンオフ的作品になるのですが、スピンオフとなると元作品からワンランク下になりがち。しかし「テロリスト~」は全然単独でも成立・勝負できる作品に仕上がっていました!日本を舞台に銃器やテロを扱う事に現実性を持たせる事の難しさを、序盤はゆるく笑いで乗り切り、徐々に人間ドラマを盛り上げることで上手く切り替えているのが流石なのです。機会があれば6番シードバージョンも作って欲しい所。



 個人的にツボだったのは銃器の素人である駄菓子屋メーカーの社員達が間違った構え方を矯正されていく所。「テロリストは山手線に乗る」「傭兵ども砂漠を走れ」で銃器アドバイザーを担当した元傭兵細川雅人さん(「傭兵~」は細川さんの経験を元に作られた作品)のワークショップを受けたことがあるのですが、僕たちがワークショップで受けた内容そのままだったので再受講した気分(笑)。あれ、「上手く下手にやる」のと「自然に上手くやる」のと両方演じ分けしないといけないから役者さん達は大変だったと思うなぁ。



 さて6番シードさんは11月29日から東京中野で「Dear Friends」という舞台をやります。こちらは久しぶりの大阪公演もあり!来年1月23日から26日まで。旭区の芸術創造館に集合です!
http://www.6banceed.com/dearfriends/index.html
http://www.artcomplex.net/art-space/index.html  

Posted by 天野"kevin"達也 at 16:05Comments(0)演劇

2013年11月10日

皇居ジョグしてきました!

 今日はお芝居等を見るために東京に行っていたので、ついでに神戸マラソンの最終調整を皇居でしてきました。早朝5時にスタートしたのですがこの時期になると暗いままですねぇ。朝の東京駅もこの通り、真っ黒。



昼間になるとランナー達で賑わう皇居周辺もこの時間だとまばら。この時だから撮れた写真。車もいない、人もいない。前には東京駅があるだけ。



という訳で1時間36分で16km走ってきました。これで走るトレーニングは終了。あとはウォーキングを軽くする程度かな。

  

Posted by 天野"kevin"達也 at 23:43Comments(0)その他

2013年11月08日

「陽だまりの彼女」鑑賞

 映画喫茶白鯨の「宿題」になったので映画「陽だまりの彼女」の感想なんぞを(11/30です。よろしくお願いします)。実は小説を公開前から読んでいたんです。小説は本当に面白かった!テーマとしては昔話にもあるような使い古された物ではあるんですが、作者の越谷オサムさんの文がテンポ良く進むのと、ビーチボーイズの名アルバム「ペットサウンズ」に収録されている「素敵じゃないか(原題:Wouldn't It Be Nice)」を物語に上手く絡ませている点がオシャレでとても良かったのです。



 さて映画の方ですが、小説の「前半ラブストーリー、後半ぷちミステリー」のミステリーを少し削ってラブストーリーを広げた印象を持ちました。見に来るお客さんが女性中心になる事(なにせ主人公が松本潤さん!)を考えるとこの狙いは上手くいったと思います。上映終了後のお客さんの反応を見ても上々な感じでしたね。



 ただその一方で「泣かせ所」で思ったほど鼻をすする音が聞こえてこなかったなぁ…。小説同様、ビーチボーイズの「素敵じゃないか」が物語の重要なキーとなっているんですが、小説の方の「泣かせ所」はヒロインの上野樹里さんがやたら気に入っているこの曲に興味を持っていなかった松潤があることがあって終盤ようやく購入。そこでライナーノーツを読んで意味を知り泣く、この方が観客も泣けたと思うんですが。「小説は小説。映画は映画」というのは解ってはいるんですけど、小説の面白さを知っているだけにちょっと普通のラブストーリーになっちゃったガッカリ感がありました。前述の「ぷちミステリー」も映画始まってすぐの所で相当なネタばれになっているし、松本潤さんが鉄道オタクという設定も小説では大事な設定だったのですが、映画ではさほど意味を持たなかったのにこれが継続して使われた所も「?」だったなぁ。

 普段点数は付けない主義ですが、「アイドル映画」としてのくくりならば5点満点中5点。だけど「映画」としてならば3点でした。

 役者さん達の中で印象に残ったのが上野樹里さんの高校生時代を演じた葵わかなさん。どこかで見たことがあると思ったら日動海上火災のCMに出ていたんですね。それとJR西日本のマナーキャンペーンのポスター。知らず知らずのうちに顔を覚えていた!彼女、ちょっと売れる予感アリですね。



   

Posted by 天野"kevin"達也 at 12:05Comments(0)映画

2013年11月03日

ハーフマラソン走ってきました!

 11月17日の神戸マラソンの前哨戦として、加古川みなもロードハーフマラソン大会という大会に参加してきました。家から歩いて行けるマラソン大会というのがありがたい!参加ランナー500人という決して大きな大会ではなかったのですが、数kmおきに水とスポーツドリンクの給水所があったり、スタート地点では仮設トイレも用意していたりと結構きっちりしたイベントでした。

 で、記録はフルマラソンの半分、21kmちょっとを2時間9分で走ってきました。神戸マラソンのシミュレーションとして走ったのでやろうと思えばもっと早く走れないこともなかったのですが今回はちょっと抑えめで。多少の脚の張りがありましたが、多少の余力を残せたので二回目のフルマラソン、うまくやれそうな予感。さて当日どうなるのかな?

  

Posted by 天野"kevin"達也 at 23:25Comments(0)その他

2013年11月02日

ガンダムのアンテナみたい

 神戸ファッション美術館で開催中の「日本の男服」展の広告を電車で見たのですが、それがなんかガンダムの頭部アンテナぽく見えたので紹介。見えません?僕だけかなぁ?


最初ZZガンダムかと思ったんですが、大きなハイメガランチャーがあるので、どちらかというとF91。しかしこの広告をデザインした人は、狙ったんじゃないかな(微笑)?

展覧会の方は1月7日まで開催されるそうですよ。
http://www.fashionmuseum.or.jp/museum/special.html  

Posted by 天野"kevin"達也 at 10:20Comments(0)展覧会