2012年05月31日

GoodTimeMusic&悪食レイディオ

 先日行われた「映画喫茶白鯨」5月分のすべてが主宰のターンエー若林さんのネットラジオ「悪食レイディオ」で公開されています。僕も喋っています。プレゼンテーマは「こどもの映画」、最後に勝ち残った映画は何なのか!?

その1
http://fkja.voiceblog.jp/data/consconwaka/1336972790.mp3
その2
http://fkja.voiceblog.jp/data/consconwaka/1336972839.mp3
その3
http://fkja.voiceblog.jp/data/consconwaka/1338206611.mp3
その4
http://fkja.voiceblog.jp/data/consconwaka/1338206713.mp3

 そして大魔王さんと役者の福山しゅんろうさんのネットラジオ「GoodTimeMusic」も更新されています。こちらは僕はメールのみの参加でございます。焼酎亭バーボンとは誰なのか!
http://www.voiceblog.jp/goodtimemusicradio/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 さて「映画喫茶白鯨」ですが6月の日程が決まっております。今回のテーマは僕が誕生日を迎えたということで「ケビンの映画」です。役者・監督・役名でケビンが付いていればどれでもOK!6月5日の火曜日、大阪難波の味園ビル内の「なんば白鯨」です。19時オープンですが出演者・お客様が集まり次第開始なので実質19時半スタートかな?どんな映画がプレゼンされるのか?来て下さい!

http://hakugei.net/archives/4348

  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:05Comments(0)その他

2012年05月30日

現在制作中のF1映画「Rush」

 「アポロ13」「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード監督が制作中の「RUSH」のメイキング映像を見つけたので紹介。この映画は1976年のF1でチャンピオン争いをしたニキ・ラウダ(75・77・84年チャンピオン)とジェームズ・ハント(76年チャンピオン)の物語でドキュメンタリーを除くと久々のF1映画になるのです。


アーカイブ映像を混ぜながら映画の撮影風景を紹介しているのですが、役者の顔を見なければどれが今でどれが昔か解らなくなる程の出来になっています。

 1976年のF1グランプリは最終戦の富士スピードウェイでチャンピオンが決定したのですが、どうもこのレースが映画のクライマックスになる感じ。映画のデータベースサイト「imdb」によるとこのレースにスポット参戦(一戦のみの参加)した長谷見昌弘さん、高原敬武さんの役も用意されています。…あれ?同じく参戦していた星野一義さんは?

 他に撮影風景が解る物はないかと調べてみると、監督のロン・ハワードのツイッター(@RealRonHoward)に再現された富士スピードウェイのピットに「六輪車」ティレルP34が置かれている写真を発見(↓)!
https://twitter.com/RealRonHoward/status/177117673140912130/photo/1/large

スポンサー関係が「トンデモ日本」になっちゃっているんですがそれはそれぞれ許可を求めていたら大変でしょうし「まーしゃあないかなぁ。」という感じもあるのですが、それ以上に残念なのはこれはカーナンバー4のパトリック・ドゥパイエ(デパイユ)車なのにカーナンバー3の「しえくたあ(ジョディ・シェクター)」のステッカーが貼られちゃっていること。
マシン関係はきちんとしましょうよぉw。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:38Comments(0)モータースポーツ

2012年05月29日

黒ビールのノンアルコール

サッポロから発売されたノンアルコールビール「PREMIUM ALCOHOL FREE」を購入。ノンアルコールビールなんですがこれのおもしろいのは黒ビールであることなんです。



味はそれなりによし。だけど泡の出来があまり良くないのです。なんか無理に黒ビールらしい泡を作っている感じ?ここは今後の改良に期待かな。
  

Posted by 天野"kevin"達也 at 18:50Comments(0)お酒

2012年05月28日

上井草駅に行ってみた・その2

 さて上井草駅に行ったらこれを見ないと!駅前に展示されているガンダムのブロンズ像です。






当たり前だけどきちんとガンダムしていることに感激。


作品の名前は「大地から」。当然ファーストガンダム第一話「ガンダム大地に立つ!!」から来ているんでしょうが、地球から生まれたガンダムがまさに這い上がろうとしているように見えますし、また戦争の道具であるガンダムがその罪故に地球に呑み込まれているようにも見えます。ま、色々な解釈が出来るという事はちゃんとアート作品になっている証拠じゃないのかな。

と、これだけ見て再び駅へ。うん?サンライズ?
僕が行った所で何がある訳じゃないしねぇ(苦笑)。

再びホームへ。

商店街なんかでぶら下げられている街のアピール目的のフラッグ…と思われる物が展示されていました。



ガンダム&アニメは当然として


「アニメとラグビーとまちであります(by渡辺久美子)」てなんの事かいな、と調べてみると上井草には早稲田大学ラグビー部のグラウンドがあるんですねぇ。しかしHP見ると早稲田の練習施設、立派やなぁ。

 西武新宿線は手塚プロダクションがある縁から高田馬場駅には手塚キャラが集合した壁画がありますし、今回紹介した井荻駅・上井草駅もあることからアニメファンには一度は訪れて欲しい路線だと思います。時間にちょっと余裕がないときついですけどね。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 17:05Comments(0)ガンダムネタ

2012年05月26日

上井草駅に行ってみた・その1

 既に東京に行ってきた記事をブログに何件かアップしているのですが、実は妹の結婚式に出席するための物だったんです(妹、改めておめ!)。式場が西武新宿線の某駅近くにあったので、ついでに上井草駅に行ってきました。ガンダムファンにはおなじみでしょうが製作スタジオがあるサンライズの最寄り駅ですね。これを機に行かないと何時来られるか解りませんからね(関東在住の方は解ると思うのですが西武新宿線は下れば下るほど田舎になるので、なんとなくふらっと行く感じでは無いのです)。


富野由悠季監督が作詞家名義で井荻麟(いおぎりん)という名前を使っていますが、これは「サンライズがある上井草駅が井荻駅の『隣』だから井荻麟」となったのは有名な話ですね。

ホームに降りるとサンライズ製作のアニメポスターがお出迎え。

新作が出るたびに張り替えしているんでしょうねぇ。宣伝とはいえ大変。

売店は閉まっていたのですが逆に幸い!シャッターがファーストガンダム!安彦先生!
  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:13Comments(0)ガンダムネタ

2012年05月24日

新文芸坐に行ってきたよ(&「狂った野獣」鑑賞)

 東京での用事ついでに池袋で公演中だった劇団6番シード「ふたりカオス」を見に行って来たのですが(とてもいいお芝居でした!是非大阪でも)、帰りの飛行機までまだ余裕があったので近くの名画座、新文芸坐に「ついでのついで」に行って来たのです。

 パチンコ店「マルハン」の三階にある新文芸坐。映画館としてでの用途に限らず寄席としても使われることもあるとか。



さて見てきたのは中島貞夫監督「狂った野獣」。78分というお手軽な上映時間もよし。


 
 舞台は京都。銀行強盗に失敗した片桐竜次、川谷拓三の二人はバスジャックをして逃走を図る。しかし乗り合わせていた一癖ある乗客達に翻弄される犯人の二人。さらに心臓に爆弾を抱えていた運転手は途中で意識を失ってしまう。そこで自動車会社の元テストドライバーだった渡瀬恒彦が代わりに運転することになるのだが、次第に主導権が渡瀬に移っていく…というお話です。

 「狂った野獣」というタイトルでハードボイルドなストーリーを想像してしまうのですが、強いはずの犯人が振り回され、追いかける京都府警もどこか頼りないというコメディアクションでした。出だしの銀行強盗に失敗した所から強面の銀行員(!)に犯人二人がボコボコにされているんだものなぁ(笑)。ただ、笑わせようとしているのではなく、出ているキャラクター達は大まじめなんだけど結果的に滑稽になっている点がこの映画の良いところ。新文芸坐のチラシでの解説には「日本映画史上もっとも面白い作品のひとつ」とあるんですが、確かにこれは傑作!DVDも出ていますので是非皆さんに見て欲しい作品なのです。

 全体としてはキアヌ・リーブス&サンドラ・ブロックの「スピード」に近いと感じましたが、この作品の元ネタに「狂った野獣」がなったかと言われるとちょっと「?」。もちろん監督や脚本家というのは色んな作品をチェックしているはずなので「見ていない」というのはあり得ないと思いますが、参考にしたたくさんの作品の内の一つ、という気がします。

 余談ですがこの映画にはアフロ時代の笑福亭鶴瓶さんが出演。ラジオの公開生放送をしている最中にバスジャックのニュース原稿を読み上げる役どころで、この頃ラジオパーソナリティーとして人気があった事を示す資料としても貴重な映像だと思います。

 さて新文芸坐では現在「今村昌平監督特集」をやっているのですが、それにあわせて監督が生前好んで色紙に書いたお言葉が大きく展示されていました。


「すべてチンポがかたいうちだぞ」

いやー深いお言葉ですよぉぉぉ。今村監督かっけーす(笑)!それにこのパネルをトイレ入り口手前に置いている新文芸坐さんのセンスもナイスです!  

Posted by 天野"kevin"達也 at 18:13Comments(0)映画

2012年05月22日

ガンダムパーフェクトファイル35号!



 本日発売のデアゴスティーニ社「ガンダムパーフェクトファイル」第35号を買ってまいりました。これを買ってきたということはそう!
Vガンダムネタが出ているから!

今号はザンスカール帝国の「人喰い虎」の二つ名を持つゴッドワルド・ハインと


彼が乗るモビルアーマー「アビゴル」が出ています。


ゴッドワルドの解説で「はっ。」と気が付いたのですがVガンダムの世界で「赤い彗星」のように敵味方に知られる二つ名が付いているキャラクターって彼だけなんですね。地球連邦軍は弱体化し、きちんと役名があるモビルスーツパイロットはほぼいない状態です。その弱体化した地球連邦にザンスカール帝国は宣戦布告するわけですが、インパクトのある兵器を持ち出す一方、パイロットのレベルは総じて低かったように思われます。さらに主人公側のリガ・ミリティアはレジスタンス活動(ザンスカール側から見ればテロリスト)であるために隠密行動を取っている以上パイロットの顔をあえて消している状態。さすがに主人公のウッソはあまりのスペシャル振りと終盤彼専用マシンと言えるV2に乗り込むためにザンスカールでも有名人になってしまいましたが、それでも二つ名は付きませんでした。

 シュラク隊のユカ・マイラスには「死神」とい二つ名と言える物があるにはあるのですが、これは彼女がいた部隊がことごとく全滅したことから仲間から付けられた物なのでどちらかというとあだ名の方が近いかもしれません。

あ!またVガンダムについて熱く語ってしまった…。

 反省反省。さて他には何が出ているんでしょうかねー。

誰?こいつ?


うわっ、弱っ(苦笑)!

なんか男性ストリップみたいなのも出てきたで…(汗)。

ロアビィ・ロイと言うんですか…。ガンダムX見ていないので初めて知りました。

というわけでゴッドワルドの魅力満載の(違う違う)「ガンダムパーフェクトファイル」第35号は只今発売中、590円です!  

Posted by 天野"kevin"達也 at 21:54Comments(0)Vガンダム

2012年05月20日

ドイツのウィスキーを呑む


新橋にて。聞き慣れないドイツのウィスキーということで最初「え−?」と思っていたんですが、呑んでみるとこれがなかなか旨い!

追記:酔った状態でブログをアップしたので情報があいまいになっているのですが、ドイツ製ウィスキーといえばあながち間違っていないのですが、厳密には「ドイツの会社がスコットランドで製造されたウィスキー樽を買い付けてそれをブレンドした物」と言うべきですね(いわゆるボトラー)。THE WHISKY AGENCYという会社がTHE PERFECT DRAMというブランドでGlenallachie(グレンアラヒー)という蒸留所の物を元にした商品です。オフィシャルHPにも紹介されているのですが、あれ?ラベル紫だったっけ(苦笑)???

http://www.whiskyagency.de/sites/tpd28.html

ただ小規模ながらもドイツでウィスキーを蒸留している所もあるそうです。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:05Comments(0)お酒

2012年05月19日

ネットラジオ出ました。

 さてネットラジオに出ていますよ。まずは毎度おなじみ、流浪な番組「映画喫茶白鯨」のネットラジオ版「悪食レイディオ」に出演しています。

その1
http://fkja.voiceblog.jp/data/consconwaka/1336972790.mp3
その2
http://fkja.voiceblog.jp/data/consconwaka/1336972839.mp3

後半部分はまだ公開されていないのですが、続きを聞きたい場合はなんば白鯨さんのユーストリームで聞くことが出来ます。

http://www.ustream.tv/recorded/22423914

そしてこの「映画喫茶白鯨」の出演者、若林さんと帝、さんによるネットラジオ「わるナビ!」にも出てきました。といっても「映画〜」の前説としてやっていたので、たまたま居合わせた僕が半ば乱入という形でなんですが(苦笑)。
http://fkja.voiceblog.jp/data/waru-navi/1336903601.mp3



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
LINX’S04
チケット予約はコチラで
http://ticket.corich.jp/apply/33748/019/

S席(指定席)3,500円
A席(自由席。受付整理券番号順による入場になります)3,000円

【日時】
5月18日(金)Aチーム19:00
   19日(土)Bチーム11:00
   19日(土)Aチーム15:00
   19日(土)Bチーム19:00
   20日(日)Bチーム11:00
   20日(日)Aチーム15:00
   21日(月)Aチーム13:00
   21日(月)Bチーム18:30

各劇団の出演順は日によって違います。タイムスケジュールは以下のリンクで御確認下さい。
http://ameblo.jp/linxs/entry-11246180003.html

【出演劇団】
Aチーム
ニュートラル
baghdad cafe'
梅棒
バンタムクラスステージ

Bチーム
劇団 壱劇屋
劇団 ニコルソンズ
北京蝶々
ステージタイガー

【会場】
in→dependent theatre 2nd(大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目7-22。大阪市営地下鉄・堺筋線 恵美須町駅 1A出口 右手(北)5分)
http://itheatre.jp/

【公式HP・ブログ】
http://linxslinxs.com/
http://ameblo.jp/linxs/  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:30Comments(0)その他

2012年05月18日

炭火焼牛丼

 桑原征平さんのラジオ番組「桑原征平粋も甘いも(ABCラジオ)」とサークルKサンクスとのお弁当企画も4年目!今年も買いましたよ、「イケイケどん丼・炭火焼牛丼」を!


ぱっと見、良い器に見える容器。豪華感を演出。


中身はこんな感じ。ジャン!

普通の牛丼はお肉の脂肪で旨さを表現していると思うのですが(これはこれで好き)、この炭火焼牛丼は油ではなくお肉そのものの旨さで勝負している感じ。今回も美味しかった!21日までの販売なのですがもう一度食べるチャンスがあるか?

2011年「牛しぐれ丼」
2011年「えび天とじ丼」
2010年「すき焼き弁当」
2009年「おにぎり弁当」  

Posted by 天野"kevin"達也 at 08:23Comments(2)食べ物・飲み物

2012年05月16日

バンタム稽古に潜入っ!



 昨日は懇意にさせて頂いている劇団バンタムクラスステージさんの短編「THE JUGGERNAUT ジャガーノート」の舞台稽古を見学してきたのです。これは5月18日(金)から始まる演劇の祭典というべきイベント「LINX’S04」に向けての作品でバンタムらしくギャング物です。

ギャングの一人、劇団所属の福地教光さん。バンタム作品で銃は毎度おなじみですが、福地さんのそれを構える姿は何度見ても見飽きないなぁ。







もう一人のギャング、客演の徳永健治さん。驚き顔に注目セヨ。







今回のお芝居の「痛さ」を伝えてくれる青年役に丈太郎さん。「ギャング」という大人の世界に迷い込んだ男。







ギャングのボスの情婦役はダブルキャスト。一人目はシネマコンシェルジュとしてサンテレビ等に出演するhimeさん。「大人」です。







もう一人は劇団の新人、f-coさん。himeさんと比べるとやんちゃ系の情婦という感じ。







ハードボイルドで映画的ないつものバンタム的な作品でありながら、コメディ、というより滑稽な面が加わった20分作品になっていると思います。バンタム作品はどれも好きなのですが、個人的にはタランティーノ的な物に仕上がったこれは歴代上位に挙げたいですね。現所属メンバーでの公演はこの「LINX’S04」が最後になるのでそういった意味でも「ジャガーノート」を見逃すな!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
LINX’S04
チケット予約はコチラで
http://ticket.corich.jp/apply/33748/019/

S席(指定席)3,500円
A席(自由席。受付整理券番号順による入場になります)3,000円

【バンタムクラスステージ演目】
「THE JUGGERNAUT ジャガーノート」
脚本・演出:細川博司
出演:
福地教光
徳永健治
丈太郎

hime(ダブルキャスト:5/19・21)
f-co(ダブルキャスト:5/18・20)


【日時】
5月18日(金)Aチーム19:00(バンタム出演予定は21:15)
   19日(土)Bチーム11:00
   19日(土)Aチーム15:00(バンタム出演予定は17:18)
   19日(土)Bチーム19:00
   20日(日)Bチーム11:00
   20日(日)Aチーム15:00(バンタム出演予定は16:29)
   21日(月)Aチーム13:00(バンタム出演予定は14:52)
   21日(月)Bチーム18:30

各劇団の出演順は日によって違います。タイムスケジュールは以下のリンクで御確認下さい。
http://ameblo.jp/linxs/entry-11246180003.html

【出演劇団】
Aチーム
ニュートラル
baghdad cafe'
梅棒
バンタムクラスステージ

Bチーム
劇団 壱劇屋
劇団 ニコルソンズ
北京蝶々
ステージタイガー

【会場】
in→dependent theatre 2nd(大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目7-22。大阪市営地下鉄・堺筋線 恵美須町駅 1A出口 右手(北)5分)
http://itheatre.jp/

【公式HP・ブログ】
http://linxslinxs.com/
http://ameblo.jp/linxs/  

Posted by 天野"kevin"達也 at 10:52Comments(0)演劇

2012年05月14日

CDが安い


PHSからの送信テストを兼ねての投稿です。

写真はエルビス、マイルス・デイヴィス、シカゴのベスト盤なんですが輸入盤とはいえ破格の千円。この安さはありがたいと言えばありがたいんですが、ネット音楽配信の普及だったり、CD売り上げ不振が影響していると考えたら安易に喜べないんですよねぇ。
  
タグ :CD

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:17Comments(0)音楽

2012年05月13日

久しぶりにPHSを購入。

 DDIポケット時代に使っていたんですが久々にPHSを購入してみました。


現在通話・メール専用のガラパゴス携帯とPCサイト・ツィツター等々用のスマートフォンの二台持ちなんですが、ちょっとしか使わないガラケーの料金が割に合わないと感じてきたので、料金の安いPHSを実験的に使ってみることに。PHSが使えると判断できたらガラケー解約になると思います。携帯からPHSへのナンバーポータビリティーは「現時点では」ダメなのはちょっと残念な点ではあるんですが。


嬉しいのは充電コネクタがスマートフォンと同じUSBであること。まー電池が1週間くらい持つらしいので旅先でも充電する機会はそんなにないでしょうけど。


しかし一時的とはいえ携帯三台持ちとは…(苦笑)。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 08:40Comments(0)スマートフォン

2012年05月12日

人生画力対決その2(ビックコミックスペリオール5/25号)



 さてさてビックコミックスペリオール5/25号が発売されましたよ~。となると当然西原理恵子さん「人生画力対決」を真っ先にチェックせねばザビ!そう「西原理恵子人生画力対決ライブ~安彦良和special~」レポートの第二弾ですよ!

前号の画力対決について

 で、出だしは以下(↓)のイラストが出来た経緯について。最初に西原さんがシャアを描いて、それに合わせて安彦先生が描くという順番を取ったらしいのですが…。


 うわっ、無謀!手本見ながらでも良かったんちゃうかなぁ…。



「ナイスボケ!」と突っ込みたい所ですが。
悔しいけれど、あながち
間違っていないんだな、
これが。


(C)ぬまっち/ガンダム佐賀に立つプロジェクト

なんとぬまっちさんが先にやっていたという…(苦笑)。さすが大佐!三倍早い!

元ネタのぬまっちさんの記事(2011年12月13日)
にわかせんぺい本舗東雲堂のHP

 さて個人的な話も混じりますが知り合いの奥さんがこのイベントを見に行っておりまして…

なんかこんな感じで見ていたのかなぁ?と思うとうらやましくもあり、微笑ましくもあるんですよねぇ。

 太田垣康男先生の「機動戦士ガンダム・サンダーボルト」でこれいいな、というシーン。

ジオン軍兵士が無重力空間でパスタを食べている所なんですが、現実にはなかなか難しいと思うんです。ですがドラマや生活感を生み出す上でパスタが飛び出さないようにドーム状のプラスチックケースを取り付ける上手なウソを付くというのが素敵。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 11:04Comments(0)ガンダムエース

2012年05月11日

ニュータイプエースvol.9!

 さてニュータイプエースvol.9、購入していますぞ~!

中身の紹介が最近同じことのくり返しになりつつあるので今回はパス!「マーグメルド」「ヤマト2199」「マクロスTHE FIRST」「4じてん」が面白かった!というか面白い「4じてん」がなんで終わるの!?平尾リョウさんのキャラはきゃわいいのに!ニュータイプの方で4コママンガとして継続するそうですが、オレ、昨今のアニメ、てんで解らないからニュータイプ買うのな~、なんかな~。

 それはともかくなんと大和田秀樹先生(「機動戦士ガンダムさん」「ムダヅモ無き改革」)による「琉神マブヤー」のコミカライズが次号からスタート!


 大和田先生は度々漫画のネタにも取り上げるくらい沖縄好きで有名なのですが、先月末に沖縄に行ったのはこの作品の取材のためだったんですね。


 そしてガンダムユニコーン上映と合わせる形で毎度刊行される「ガンダムUCエースvol.4」の細かな内容が!

今号もあります!白石琴似先生のネオジオン残党サイドストーリーと森田崇先生の連邦軍サイドストーリー!そして久しぶりに登場のユニコーンの中国版コミカライズ!今回の付録はMGシナンジュのバズーカ!また売り切れる書店が出る予感!5月17日発売です(というかもう上映が始まるんだ!)。

 さてニュータイプエースの方の付録は前号に引き続き「ドキュメント・オブ・マクロス」。マクロス30周年ですからね~。

今回はマクロスがきちんとした形になる以前の企画についてスタジオぬえの宮武一貴さん、松崎健一さん、ビックウエストの大西良昌さんへのインタビューです。しかしこの企画段階の「戦艦マクロス」は正直言って格好よくないなぁ(苦笑)。

 ニュータイプエースvol.9は発売中!580円です。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:05Comments(0)マクロス

2012年05月09日

毛越寺の紙切り

 さて岩手県の平泉にある中尊寺に行ってきたのは報告済みなのですが、中尊寺から比較的近くにある毛越寺(もうつうじ)にも訪れて来ました。


 たまたま藤原祭りというイベントで延年の舞というのをやっていたのですが、面白いのはここの能舞台が紙切りで取り囲まれていたこと。


 調べてみるとこの紙切りは神社によくあるジグザク状の御幣束にあたるもので舞台に結界を張るための物とか。林家正楽さん、大東両閣下紙切り岡本さんといった皆さんが作るエンタメやアートとしての紙切りは有名ですが、神事として(お寺ですが)として使われる紙切りがあるとは知りませんでした。

 という訳でその紙切りを紹介。ダブっているのもありますがそこは見逃して下さいな。伊達家の家紋もこの中に含まれていると聞いていたんですが、伊達家は家紋を複数持っていたようで下の二つ「竪三つ引両」「九曜」がそれにあたります。


左は「蟹牡丹」かなぁ?


伊達政宗のイメージでいくと「竹に雀」なんですが右がそれ?






「菊」も使っていたそうです。




中尊寺も毛越寺もJR平泉駅から近いところにあるのですが中尊寺は山にあるために徒歩で行くのはきついと思います。入り口からゴールとなる金色堂までは山道を徒歩で行くしかないので、せめて入り口までは楽をしてバスやタクシーを使った方がいいのでは。その一方毛越寺は平地にあるために軽めのウォーキングのつもりで全然大丈夫です。





延年の舞の詳しい解説  

Posted by 天野"kevin"達也 at 12:05Comments(0)紙切り

2012年05月08日

昨日は映画喫茶白鯨でした

 さて映画喫茶白鯨に行った!出た!笑った!


宿題は「アーティスト」「バトルシップ」「ジョンカーター」。プレゼンテーマは「こどものえいが」でした。以下のなんば白鯨さんのユーストリームページでイベントの様子を見ることが出来ます。
http://www.ustream.tv/recorded/22423914

姉妹店なんば紅鶴では松竹の「キングオブポップ」こと竹下ポップさんの「SHT(スーパー屁理屈トーク)」をやっていました。


オマケ:映画喫茶に僕が持って行った仙台みやげ。
  

Posted by 天野"kevin"達也 at 08:26Comments(0)映画

2012年05月07日

「裏切りのサーカス」鑑賞

 ゲイリー・オールドマンがアカデミー賞主演男優賞にノミネート、「僕のエリ200歳の少女」の監督トーマス・アルフレッドソンがメガホンを取った「裏切りのサーカス」を見てきました。

 1970年代、イギリスの諜報部、通称「サーカス」のリーダー「コントロール」は内部にソビエト情報機関KGBが送り込んだ二重スパイ「もぐら」がいると睨んでいた。そこで情報をもっていると見られ、亡命を希望していたハンガリー軍将校と接触をはかるために部下を送り込むが、先回りされ部下が殺される。この責任を取らされる形で「コントロール」と右腕だったジョージ・スマイリー(ゲイリー・オールドマン)は「サーカス」を退職することになる。

 二重スパイに関しては「コントロール」の考えすぎという意見が「サーカス」内で支配的だった。しかし諜報機関の幹部の中には二重スパイの可能性を捨てていない者もいた。そこで退職したスマイリーに白羽の矢がたち、極秘に調査チームが組まれることになる…というお話です。



 「僕のエリ」の監督ということで期待して見に行って来たんですが、ちょっと「う~ん」という出来でした。スパイ物を現実に基づいて制作するとこんなに盛り上がりに欠ける話になってしまうんでしょうか。リアルを追求するという姿勢は個人的には嫌いじゃないんですけどねぇ。

 エンタメとして、スパイ物として、サスペンス物として映画のお約束があると思うんですが、それを排除してしまったがためにえらく平坦なストーリーになってしまっているんです。映画を見ている側に「どうなる?どうなる?」といった感情の波を起こらないために油断すると眠たくなってしまう。実際に僕が行った映画館では二人ほどいびきをかいていました(ということはいびきをかかずに寝ていた人もいたはずで…)。それと人物関係ももう少し説明して欲しかった。説明しすぎるとそれはそれでうっとおしいので何処でバランスを取るのかが難しい所ではあるのですが、ちょっと頭の中で整理しにくかったのは残念な所でした。

 この映画の推薦文を改めて見ると作品そのものを褒めるのではなく、巧妙にポイントを探してそこを褒めている気がするのです(苦笑)。中には俳優陣を評価する文もあったのですが、それは僕も同意で、ゲイリー・オールドマンが主演男優賞にノミネートされるだけの演技をしていたと思います。それと彼だけでなくコリン・ファースといったその他の俳優達も素晴らしかったと付け加えておきます。だからこそもう少し解りやすくなっていれば…。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
さて本日夜7時から大阪難波の味園ビル内、なんば白鯨にて「映画喫茶白鯨」があります。先月爆弾低気圧で欠席した僕も今回出演します!
http://hakugei.net/archives/4134

そして前回の「映画喫茶白鯨」がネットラジオで公開されています。こちらも聞いて下さい。
その1
http://fkja.voiceblog.jp/data/consconwaka/1334041646.mp3
その2
http://fkja.voiceblog.jp/data/consconwaka/1334042001.mp3
その3
http://fkja.voiceblog.jp/data/consconwaka/1335248213.mp3
その4
http://fkja.voiceblog.jp/data/consconwaka/1335248505.mp3  

Posted by 天野"kevin"達也 at 12:05Comments(0)映画

2012年05月05日

東京駅!


平泉から東京に帰還!久しぶりに東京駅の姿が見れた!
  
タグ :東京駅改装

Posted by 天野"kevin"達也 at 18:02Comments(0)その他

2012年05月05日

平泉中尊寺


さて仙台から移動して平泉の中尊寺に来ているのですが寒い!やるな東北!

で、中尊寺というとこの写真の建物になると思うのですが、中にある金色堂を保護するための建物だったんですね(知らんかった〜)。建物自体はいたって近代的なものでした。
  

Posted by 天野"kevin"達也 at 14:33Comments(0)その他