2011年11月30日

「リトル・ランボーズ」鑑賞

 WOWOWの広報誌を見てふと「リトル・ランボーズ(原題:Son of Rambow、ランボーの息子)」という映画が気になったのでレンタルしてみました。

 1980年代のイギリス、プリマス同胞教会(注)に入信している家族の元で育った小学生ウィルは教会の教義に従ってテレビを使う授業の時は廊下で自習をしていた。その時他のクラスの悪ガキ、リー・カーターが廊下に立たされていた。妙にリー・カーターに気に入られたウィルは彼が目指しているBBCの小学生向け映画コンテストに無理矢理参加させられる。しばらくリー・カーターの倉庫に滞在していたウィルはダビング中だった映画「ランボー」を偶然見ることになる。動画を初めて見る彼は「ランボー」に夢中になり、コンテスト向けの映画もランボーの息子がランボーを救出するストーリーになっていった。やがてウィルとリー・カーターとの間に友情が芽生えてくるが、複数の邪魔が映画に介入していく…というお話です。

注:キリスト教プロテスタントの一派で聖職者を持たないのが特徴。信者による共同体意識も高いと思われる。男性信者には兄弟、女性信者には姉妹と呼ぶ。この映画のようにテレビ、映画、そして今ではパソコン関係を禁じている保守的な一派もあるが、寛容な一派もある。

 映画作りに情熱をかける少年達がおもしろく、また可愛らしいいい作品でした。ですがプリマス同胞教会の教義を理解していないと映画の理解に苦しむ所は難点。それとウィルとリー・カーターの二人によるメインストーリーの他に交換留学生としてやってきたフランス人の学生が関係するサブストーリーがあるんですが、ちょっとこのサブの方が目立ちすぎた感じが。ここをもう少し控えめにしてメインに重きを置いてくれればもっと泣ける展開になれたんじゃないかと思います。

 時代設定が80年代ということもあり主人公達の学校で流行している音楽・ファッションがユーロビート系という所にも注目。だけど所詮小学生なんで、匂い付き消しゴムや日本で言うところのお菓子「ドンパッチ」とコーラを同時に口に含めてハイになろうとしているシーンには笑えました。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:05Comments(2)映画

2011年11月29日

LINX'Sさんのブログで紹介していただきました!

 先日、演劇イベント「LINX’S03」を見に行った感想を書いたのですが、その駄文をLINX’Sさんのブログで紹介していただけました(感謝!)。次回の「LINX’S04」は5月18日から21日、大阪日本橋のインディペンデントシアター2ndで開催される予定です。演劇ファンじゃなくても面白いから来て!

感想blog(身内編)Ⅰ
http://ameblo.jp/linxs/entry-11085719047.html

感想blog(身内編)Ⅱ
http://ameblo.jp/linxs/entry-11088008778.html

感想blog(お客様編)Ⅰ
http://ameblo.jp/linxs/entry-11086726677.html

感想blog(お客様編)Ⅱ(←ここに僕のブログが紹介されています。34番です)
http://ameblo.jp/linxs/entry-11087760872.html

感想blog(お客様編)Ⅲ
http://ameblo.jp/linxs/entry-11089628474.html  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:10Comments(0)演劇

2011年11月29日

映画喫茶白鯨11月ネットラジオ版が公開されています。

 若林さんのネットラジオ「悪食レイディオ」で先日行われた映画喫茶白鯨11月の様子が公開されています。次回は12月5日の月曜日に開催予定。場所は大阪難波の味園ビル内「なんば白鯨」です。来て下さい!
http://www.voiceblog.jp/consconwaka/

その1(映画チラシのコーナー)
http://www.voiceblog.jp/consconwaka/1613654.html

その2(宿題のコーナー。キャプテン・アメリカ&猿の惑星創世記について)
http://www.voiceblog.jp/consconwaka/1613655.html

その3(プレゼントーク「みんなが知らなさそうな名作」)
http://www.voiceblog.jp/consconwaka/1613656.html

その4(プレゼントーク。結果発表)
http://www.voiceblog.jp/consconwaka/1613658.html

ちなみにユーストリーム動画はこちら。
http://www.ustream.tv/recorded/18662060  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:05Comments(0)その他

2011年11月28日

ソーラーパネル付き充電器を買ってみた。

 パナソニックから出ているコンパクトソーラーライト「BG-BL01」というのがなんとなく面白そうな商品だったので購入してみました。USBとソーラーパネルから単三電池二本を充電できる機能があり、充電した電気は本体内蔵のLEDライトやスマートフォンなどに電力を供給出来るようになっています。


ただ説明書を読むとソーラーパネルでのフル充電に15時間もかかるそうです。実質二日もかかるのかぁ…。東日本大震災以降ソーラーパネルに注目が集まっていますが、たかだが単三電池二本を充電するのにこれだけ時間がかかるとは。ソーラーパネル充電に関してはあくまで非常時用と割り切った方がいいかもしれません。ただ、LEDライトに関してはそんなに電気を使わないためにちょっとの充電でも充分使えます。



 LEDは弱・強・非常用の点滅の三種類。仕事用のライトに使える事を期待していたんですが、それにはちょっと光不足かな。



 USBコネクタは入力用と出力用の二種類。ちなみにUSB経由で充電しようとすると7時間でフル充電できます。

 値段も5000円ちょっとするので決して安い買い物ではなかったです。平時の時ではやや使い勝手が悪いのは確かですが、非常時には役立つ商品だと思います。大きさもスマートフォン二つ分くらいなので引き出しの中に入れていてもそんなに邪魔にはなりませんし。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:05Comments(2)その他

2011年11月27日

ガンダムエース1月号ですよ!

 ブログを二日さぼってスイマセン!病気とかそういうのじゃなくて
単に面倒くさかった
だけという理由だったりするのですが…(汗)。



 さてガンダムエース1月号が出ていますよ!今回の目玉は安彦良和先生の復活!「ジ・オリジン」の外伝ストーリー「アルテイシア0083」になります。



 どんなお話かは実際に購入して確かめていただくとして、1月号に掲載されているのは「アルテイシア0083」のⅠの前編。おそらく2月号でⅠの後編、そして3月号にⅡがあると思われます。ちょっとややこしいのですが1月号と同時に発売された「ジ・オリジン公式ガイドブック3」には2月号に載る後編も含めて収録されています。





 3月30日に発売される「庵野秀明責任編集・安彦良和原画集『機動戦士ガンダム』」に合わせて、ここに収録されている原画がポストカードとして付録となっているのですが、これが凄い!これを元にセルになりカラー化されるわけですが、正直原画の方がクオリティ高いですよ。これを見せられると原画集買いたくなってしまうじゃないですか!編集部さんっ(思うツボ)!

 こちらも目玉!久々のトニーたけざき先生、ガンダムエースに帰還!今回はトニーさんオリジナルMS「サク(ザクじゃないよ)」を主人公にした可愛らしいキャラキター達が4コマまんがという形で暴れ回ります。

「ゴック」じゃなくて「コック」!

 谷和也先生も絶好調やなぁ。ガンダムユニコーンep4が公開されたということもあって新ネタが豊富。

あーこれってIGLOOで出てきた対MS用の武器なんやー。正直知らんかった…。

 池田秀一さんのインタビューコーナーは「ファースト」でガルマ・ザビ役を演じた森功至さんが登場。シャアとガルマは子役時代からの知り合いだった!

しかもガンダムユニコーンep4では池田さんはフル・フロンタル、森さんはダイナーの主人役で再共演。二人のキャラクターが絡むシーンは無いのですが、アフレコが同じ日だったそうです。

 さて個人的に期待の長谷川裕一先生の「クロスボーンガンダム・ゴースト」。Vガンダムの時代のお話です。もういきなりザンスカール帝国とかカガチとかエンジェル・ハイロウとか出てきた(涙)!早い!

だけど、Vガンダム本編ではザンスカール帝国に正式採用されなかったモビルワーカー「サンドージュ」にザンスカール兵士が乗り込んで襲ってくるというのはどうなんやろ…。

 そしてVガンの次はGガン!島本先生は冬でも熱い!

この習字だけで構成された2ページ(!)だけで熱さが伝わると思います(笑)。

ガンダムエース1月号は只今発売中!650円です。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 11:03Comments(2)ガンダムエース

2011年11月24日

GoodTimeMusic34回配信ですよ~。

 さてさて大魔王さん福山しゅんろうさんのネットラジオ「GoodTimeMusic」第34回配信が公開されています。例のごとく僕もメールという形で参加していますので聴いてください。

http://www.voiceblog.jp/goodtimemusicradio/
http://daimaou.f.fiw-web.net/so-ko/GoodTimeMusic/GoodTimeMusic034.MP3

 そして先日行われた映画喫茶白鯨がユーストリームの動画で見ることが出来ます。こちらでは喋らせてもらっています。左端の兄ちゃんが僕です。
http://www.ustream.tv/recorded/18662060#utm_campaign=synclickback&source=http://hakugei.net/&medium=18662060  

Posted by 天野"kevin"達也 at 22:50Comments(0)映画

2011年11月23日

でもこの「楽しんじゃおう」という感じ、好き


新長田の鉄人28近くにある三国志の立て看板。大陸ちがいますやん(笑)。
  
Posted by 天野"kevin"達也 at 12:33Comments(0)その他

2011年11月23日

「ラビット・ホール」鑑賞

 ニコール・キッドマン主演、「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のジョン・キャメロン・ミッチェル監督の最新作「ラビット・ホール」を見てきました。

 ベッカ(ニコール・キッドマン)とハウィー(アーロン・エッカート)の二人の間には息子ダニーがいた。そのダニーは家の前を飛び出した事により交通事故にあってしまい亡くなっていた。ベッカは息子の存在を消すことで克服しようとしているのに対し、ハウィーは息子の思い出を引きずっていたために夫婦関係にズレが生じ始めていた。

 そんな中ベッカはダニーを跳ねた高校生のジェイソンを偶然見かける。追跡してみると偶然顔を合わせてしまうのだが、お互いに心境を話したい気持ちがあったのか公園のベンチで話し合う。ジェイソンはパラレルワールドを元にした「ラビット・ホール」という漫画を執筆しており、ベッカは完成したら読ませて欲しいとリクエストする。その一方で夫婦関係のズレは大きくなっていき…というお話です。

 アメリカ映画にありがちな展開にはならない、どちらかというとヨーロッパ的な終わり方をする作品でした。静かに見る側の心に入ってくるタイプの映画で個人的には好きな作品です。

 ですが、子供を跳ねたジェイソンがたいしたペナルティを受けずに普通に生活をしている事に最後まで違和感があるんですよねぇ。日本では歩行者側に過失があったとしても運転手側の過失の方に重きを取るのですが、アメリカでは多分そうじゃないんでしょうね。ただ、通学バスを利用したり、卒業パーティーに参加するときも後部座席に座っている事を考えると免許の失効はあったかもしれませんが。

 ジェイソンもそうですが、彼をあっさり許してしまうベッカにも納得しづらい所もありました。そういう点が不味かったのか2010年の賞レースでもニコール・キッドマンの女優賞以外ではほとんどノミネートされない結果となっています。確かに俳優陣の演技はいいんですけどねぇ。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:05Comments(0)映画

2011年11月21日

LINX'S03 Bチーム見に行って来ました!

 まだ明日もあります!演劇イベントLINX’S03ですが、先日見に行ったBチームの方の感想を。

LINX’SのHP
シアトリカル應典院のHP



 一番手は「彗星マジック」の「死語の世界」。タイトルからなんとなく推測が出来るかもしれませんが死語、つまり消えてしまった言葉に関するお芝居です。最初は笑いと言うよりユーモアのある展開で進めていきながら、不思議かつ大事なテーマに段々持っていくファンタジー系の演劇と言うべきなのかな?「星の王子様」に近い雰囲気があると思います(物語が、という意味ではなくスタイルとして)。なんか「かわいい」という印象が最初にあった劇団さんでした。その点で言うと女性受けがよさそう。

彗星マジックのHP

 二本目は「笑の内閣」の「『太陽の一族』と『太陽に起立』」。LINX’Sでは各劇団持ち時間が20分なのですがこの劇団さんは二本の演目を持ってきました。「笑の内閣」さんは政治ネタを扱う劇団さんで今回もかなーーーーりやばいネタを持ってきました!今後発売されるこのイベントのDVDに収録できるか心配するくらい(苦笑)。あらすじを知らない方が劇場で見るときの驚きが増えていいかもしれないので書きません。入場時に渡される演目リストにあらすじが書いてあるのですが、それも読まないことをお奨めします。劇場という箱だからこそ楽しめる演劇!一部の人だけにしか伝わらない例えでしょうけどサイキック青年団の大阪厚生年金などで行われたイベントだけで味わえた空気感・世界観に近い物を持っています。

笑の内閣HP

 三本目は「ババロワーズ」の「AUTUMN LEAVES」。落ち葉を見ながら物思いにふける女性4人が繰り広げるコメディ劇です。ババロワーズさんもあらすじを書かない方が楽しめると思うので書きません。しかしこの劇団さんはチームとしてのまとまりがいいですね。トータルでの完成度が高いと思いました。

ババロワーズのHP

 そしてトリは東京からやってきた「ゲキバカ」の「4匹のゲキバカ」。もーこれもあらすじが書けない(笑)!大体で書くと「とある探偵事務所に一通の招待状が届いた。事務所にいる三人は招待状の送り先、大阪に向かうのだが…。」という物です。もーこれはさすがとしか言いようがない。このLINX’Sというイベント全てを利用した事だけを見てもかなりの知能犯と言わざるを得ないのです。お見事!

ゲキバカのHP



テーマ:『SUN』
20分短編芝居 × 8劇団 × α = LINX’S 03

・・・また熱い冬がやってくる!!
大の大人が本気で遊ぶということを見せてやる!

11月21日(月)14:00(A)(イ)/18:30(B)(テ)

出演団体
[ Aチーム ]
匿名劇壇・月曜劇団・伏兵コード・May

[ Bチーム ]
彗星マジック・笑の内閣・ババロワーズ・ゲキバカ
   
[ スマッシュ・アクト ]
DACTparty

[イベント]
11月21日(月) 14:00 (A)(イ)

[プレミアム・ゲスト]
テノヒラサイズ
11月21日(月) 18:30 (B)(テ)

司会
福地教光(バンタムクラスステージ)
稲野杏那(演劇集団キャラメルボックス)

ゲストMC(21日のみ)
菊池裕太(コメディユニット磯川家)

料金
前売:2800円
当日:3000円
AB通し:5000円
学生:1500円
学生AB:3000円 (要予約)

そして次回以降のLINX’Sは…!
  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:05Comments(0)演劇

2011年11月20日

LINX'S03残り二日です!

 Aチームに続き昨日Bチームも見てきたLINX’S03ですがBチームの4劇団は濃厚でしたよぉ。感想はおいおい書くとしてイベントは今日を含めて残り二日です。演劇の祭典、来て下さい!

LINX’SのHP
シアトリカル應典院のHP


テーマ:『SUN』
20分短編芝居 × 8劇団 × α = LINX’S 03

・・・また熱い冬がやってくる!!
大の大人が本気で遊ぶということを見せてやる!

11月20日(日)14:00(B)/17:00(A)(ア)
11月21日(月)14:00(A)(イ)/18:30(B)(テ)

出演団体
[ Aチーム ]
匿名劇壇・月曜劇団・伏兵コード・May

[ Bチーム ]
彗星マジック・笑の内閣・ババロワーズ・ゲキバカ
   
[ スマッシュ・アクト ]
DACTparty

[ アドシバ ]
11月20日(日) 17:00 (A)(ア)
恒例のアドシバ!
上田ダイゴさん総監修

[イベント]
11月21日(月) 14:00 (A)(イ)

[プレミアム・ゲスト]
テノヒラサイズ
11月21日(月) 18:30 (B)(テ)

司会
福地教光(バンタムクラスステージ)
稲野杏那(演劇集団キャラメルボックス)

ゲストMC(21日のみ)
菊池裕太(コメディユニット磯川家)


料金
前売:2800円
当日:3000円
AB通し:5000円
学生:1500円
学生AB:3000円 (要予約)  

Posted by 天野"kevin"達也 at 08:52Comments(0)演劇

2011年11月20日

スマイる!

 大阪に行って発見!それは今回のギスギスした大阪府知事・市長選でさわやかな風、いやスマイルを起こしてくれたマック赤坂さんの選挙ポスターを見つけたのであります!10度!20度!30度(スマイル)!



  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:18Comments(0)その他

2011年11月19日

LINX'S03 Aチーム見に行って来ました!

 さてブログでも報告したとおり、シアトリカル應典院で開催中の演劇の祭典、LINX’S03を見に行って来ました。僕が見たAチームについて感想を。

LINX’SのHP
シアトリカル應典院のHP



 トップバッターは「匿名劇壇」の「救世主」。近畿大学内の劇団さんらしく、正直に言うと若さが見られたお芝居ではありました。しかし完成度は高く、彼らの中にあるキラッと光る物は確かに感じ取れました。休憩中に今イベントのプロデューサー、石田1967さんに確認したところ彼らに参加して貰ったのは実験的な意味合いもあるそうで、ここで原石がダイヤになれるかどうか試しているのかもしれませんね。大学卒業後、劇団がどうなるか、それぞれの進路がどうなるかは解りませんが今後の演劇界を引っ張るかもしれない可能性を見て下さい。

匿名劇壇のブログ

 2番手は「月曜劇団」の「月曜劇団の会議は踊る」。ちょっとシュールながらもコント的な作品で楽しかった!本当に面白かったんだけど、シュールな作品は面白さを伝えるのが難しいねぇ(苦笑)。役者三人の独特なキャラクターに注目!あと上原日呂さんの声がいい!

月曜劇団のHP

 ここで休憩を挟んでDACTparty+によるダンス。俳優達(ACTOR)によるダンス(DANCE)ユニットだからDACTだそうです。単なるダンスではなく、ストーリーを持ったダンスでこれも面白かったなぁ。

 3番手は「伏兵コード」による「常吠ゆ」。二人芝居なのですが、Aチームのなかで演劇らしい演劇、小屋の空気がビシっとしまる笑い無しのお芝居でした。こういういぶし銀のお芝居を持って来るのはさすがLINX’S。ただの演劇イベントなら楽しく帰ってもらうためにお笑い的な劇団さんを集めた方がてっとり早いんでしょうが、一年の半分以上を観劇に費やしているプロデューサーの石田さんは「こういう演劇もあるんだよ。」と提示してくれるのです。その提示の際だった物が次の演目になります…。

伏兵コード 稲田真理のおしゃれ感覚日記

 トリは「May」による「将棋王」。Mayという劇団さんはお芝居を見に行った時に渡されるフライヤー(ちらし)の束の中からよく見かけてはいたんですが、朝鮮半島関係のお話を扱うことが多く、なかなか縁遠いお芝居だと思い見る機会がありませんでした。石田さんがLINX’Sで持って来ていなかったら一生見ることのなかったお芝居だったかもしれません(感謝!)。

 今回の演目「将棋王」はマダン劇と呼ばれるスタイルだそうで、お客さんも参加するスタイル、この回に限っては写真OKでどんどん撮影してかまわないそうです。ただし、その写真を劇団さんのHP等で流用させてね、という条件付きなんですが(笑)。大体のストーリーは古代(?)朝鮮半島で二つの国に分かれて争っていたが、お互いに疲弊していた。そんな中ある僧侶が国王に戦争を終わらせるための計画を進言、隣国に向かう。そしてその僧侶は隣国の国王に将棋の面白さを伝え…というものです。客いじりをドンドンやって来ますので、恥ずかしがらずに参加しちゃいましょう(かくいう僕も舞台に上げられた。笑)

MayのHP

 そしてプレミアムゲストとして「テノヒラサイズ」による「テノヒラサイズの吸血鬼」という演目がラストにありました。演劇というよりもよりコントに近い構成で、僕が見に行った回では吉本の「プラン9」のお~い久馬さんがゲスト出演していました。ちなみに19日12時の回では松竹の「さらば青春の光」の森田哲矢さん、同日19時の回は同じく松竹の「プリンセス金魚」高道淳史さんがゲスト出演されます。

 いやーおなか一杯で楽しかったです。実は今日ももう一つのBチーム(彗星マジック・笑の内閣・ババロワーズ・
ゲキバカ)見に行く予定なのですがどんなお芝居が飛び交うのか?楽しみです。


テーマ:『SUN』
20分短編芝居 × 8劇団 × α = LINX’S 03

・・・また熱い冬がやってくる!!
大の大人が本気で遊ぶということを見せてやる!

11月19日(土)12:00(B)(テ)/16:00(A)/19:00(B)
11月20日(日)14:00(B)/17:00(A)(ア)
11月21日(月)14:00(A)(イ)/18:30(B)(テ)

出演団体
[ Aチーム ]
匿名劇壇・月曜劇団・伏兵コード・May

[ Bチーム ]
彗星マジック・笑の内閣・ババロワーズ・ゲキバカ
   
[ スマッシュ・アクト ]
DACTparty

[ アドシバ ]
11月20日(日) 17:00 (A)(ア)
恒例のアドシバ!
上田ダイゴさん総監修

[イベント]
11月21日(月) 14:00 (A)(イ)

[プレミアム・ゲスト]
テノヒラサイズ
11月18日(金) 19:00 (A)(テ)
11月19日(土) 12:00 (B)(テ)
11月21日(月) 18:30 (B)(テ)

司会
福地教光(バンタムクラスステージ)
稲野杏那(演劇集団キャラメルボックス)

ゲストMC(21日のみ)
菊池裕太(コメディユニット磯川家)


料金
前売:2800円
当日:3000円
AB通し:5000円
学生:1500円
学生AB:3000円 (要予約)  

Posted by 天野"kevin"達也 at 11:36Comments(0)演劇

2011年11月18日

LINX'S03見に行ってきたよ。


色んな種類の演劇が楽しめる演劇の見本市、LINX'S03を見に行ってきました。4劇団が20分の作品を持ち寄る(回によってはもう一本)このイベント、来て来て。

大阪難波、日本橋駅近くのシアトリカル應典院です。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 22:03Comments(0)演劇

2011年11月17日

ジェノアス作っているよ。その5

 さて塗装していた肩部分のバーニアを取り付けます。以前紹介したようにこのバーニア、えらく小さいのです。この小ささゆえにニッパーで切り離そうとすると切れた反動で反対側も切れてしまうことが多々ありました。ガンプラ30年以上の技術のおかげか、たまたま運が良かったのかは解りませんが変な形に切れてしまう事はありませんでしたが、この部分だけニッパーではなく、デザインナイフでやった方が正解かもしれませんねぇ。

 そして取り付けてみると…。

おっ、ええ感じ!銀色に塗装することで浮くんじゃないかと思ったのですが、意外と大丈夫でした。ちなみにバーニアのサイド部分は綺麗に隠れてしまうので塗る必要がなかった事を付け加えておきます。

  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:05Comments(0)ガンダムネタ

2011年11月16日

今週末はLINX'Sですよ

 さて今週末は関西演劇界のお祭り(というか見本市?)、LINX'Sの秋公演、LINX'S03がございますよ。

LINX'S HP
http://linxslinxs.com/

Corich予約ページ
http://ticket.corich.jp/apply/31086/

テーマ:『SUN』
20分短編芝居 × 8劇団 × α = LINX’S 03

・・・また熱い冬がやってくる!!
大の大人が本気で遊ぶということを見せてやる!

11月18日(金)19:00(A)(テ)
11月19日(土)12:00(B)(テ)/16:00(A)/19:00(B)
11月20日(日)14:00(B)/17:00(A)(ア)
11月21日(月)14:00(A)(イ)/18:30(B)(テ)

出演団体
[ Aチーム ]
匿名劇壇・月曜劇団・伏兵コード・May

[ Bチーム ]
彗星マジック・笑の内閣・ババロワーズ・ゲキバカ
   
[ スマッシュ・アクト ]
DACTparty

[ アドシバ ]
11月20日(日) 17:00 (A)(ア)
恒例のアドシバ!
上田ダイゴさん総監修

[イベント]
11月21日(月) 14:00 (A)(イ)

[プレミアム・ゲスト]
テノヒラサイズ
11月18日(金) 19:00 (A)(テ)
11月19日(土) 12:00 (B)(テ)
11月21日(月) 18:30 (B)(テ)

司会
福地教光(バンタムクラスステージ)
稲野杏那(演劇集団キャラメルボックス)

ゲストMC(21日のみ)
菊池裕太(コメディユニット磯川家)

会場:シアトリカル應典院
http://www.outenin.com/

料金
前売:2800円
当日:3000円
AB通し:5000円
学生:1500円
学生AB:3000円 (要予約)

 そして今日からはぬまっちさんのお友達声優の茶風林さんが客演する劇団6番シード公演「ザ・ボイスアクター」が始まります。嬉しいことに12月に大阪公演もあります!

東京公演:11月16日(水)~11月23日(水・祝)
劇場:中野テアトルBONBON
http://www.pocketsquare.jp/index.php

11月16日(水)19:00(アニメ編)
11月17日(木)19:00(オンライン編)
11月18日(金)14:00(オンライン編)/19:00(アニメ編)
11月19日(土)14:00(アニメ編・完売)/19:00(オンライン編)
11月20日(日)14:00(オンライン編)/19:00(アニメ編・完売)
11月21日(月)19:00(アニメ編)
11月22日(火)19:00(オンライン編)
11月23日(水・祝)12:00(オンライン編)/16:00(アニメ編)

[全席指定席]前売3,800円/当日4,200円/学割(高校生以下)2,500円/Wチケット7,000円

大阪公演:12月6日(火)~11日(日)
劇場:大阪市立芸術創造館
http://artcomplex.net/art-space/
12月6日(火)19:30(オンライン編)
12月7日(水)19:30(アニメ編)
12月8日(木)19:30(アニメ編)
12月9日(金)14:00(アニメ編)/19:30(オンライン編)
12月10日(土)13:00(アニメ編)/18:00(オンライン編)
12月11日(日)13:00(オンライン編)

[全席自由席]前売3,000円/当日3,200円/学割(高校生以下)2,000円/Wチケット5,500円

詳細は劇団6番シード、公演情報HPにて
http://voiceactor-6c.com/ticket.html


さてこのお芝居、アニメ編とオンライン編の二種類が上演されるのですが茶風林さんはアニメ編のみの登場となりますので注意して下さい。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:05Comments(0)演劇

2011年11月15日

映画「赤ずきん」鑑賞

 さて今年公開した作品でありながら見逃していた映画「赤ずきん」をレンタルして見てみましたよ。

 主人公ヴァレリー(アマンダ・サイフリッド)は幼なじみのピーターと仲良し、将来の結婚も考える中であったが親の都合で裕福な鍛冶屋のヘンリーと婚約をさせられてしまう。そんな中、ヴァレリーの姉が狼に殺されてしまう。村の男達は狼の巣に行きヘンリーの父親の犠牲もありながらも狼を退治することに成功する。

 村がお祭り騒ぎの中でソロモン神父(ゲイリー・オールドマン)と武装軍団がやってくる。彼によれば今回の襲撃は狼ではなく、普段は人の姿をしている人狼によるものだと指摘するが村の者は誰も聞き入れない。しかし、村の長が人狼による襲撃を受け事態は急変。さらに村の中に人狼がいるということがわかりソロモン神父によって村は閉鎖。誰が人狼なのか皆が疑心暗鬼になってゆく…というお話です。

 おとぎ話の「赤ずきんちゃん」をベースにサスペンス・ホラーにした作品でした。いや本筋の人狼探しもありながらヴァレリーをめぐってピーターとヘンリーの男前二人が争うという展開もあるからサスペンス・ラブ・ホラーなのかな?しかしこういう話、トワイライトぽいな、と思ったら監督のキャサリン・ハードウィックは「赤ずきん」の前にトワイライトシリーズの第一作となる「初恋」の監督をしていたので納得。

 トワイライトシリーズぽいということもありどちらかというと女性向け。映画として「それなりに」きちんと作っているんだけど、男前二人に乗れなかったらアラが気になってしまう作品でした。レンタルしたブルーレイには「もう一つのエンディング」が収録されているのですが、そちらの方が男性にも受け入れられやすいニュートラルな終わり方をしていました。これがありながら劇場公開版のエンディングを選択したということは制作陣がこの映画のターゲットを女性に絞ったということなんでしょうねぇ。とはいえ100分作品でテンポもいいので男性でも気軽に見やすい作品でもあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
さて毎月恒例のなんば白鯨のイベント、「映画喫茶白鯨」が今月21日月曜日に開催されます。僕も出演しているはずです(仕事とかあるからね)。来て下さい。予定では19時前後にスタートです。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 17:35Comments(0)映画

2011年11月14日

ジェノアス作っているよ。その4

 右腕を作ったので同じ要領で左腕に取りかかります。前回右腕の製作過程を写真に取り忘れたので今回はきちんとやります(きちんとやった所で読んでくれている方が面白いかどうかの不安がありますが)。

 さて最初に肘に当たる部分から。

ここが関節部分になるわけですな。

 続いて二の腕。ぷにぷに。

ジェノアスはどちらかというとゲームっぽい雰囲気ですので墨入れのラインははっきりさせた方がいいと思い、墨入れ用のペンではなくガンダムマーカーのガンダムブラックを使用しています。ただこのパーツの段差の部分は輪郭を控えめに強調したいので墨入れペンの灰色をつかっています。

 んでもって合体。


 手も製作しこれを組み合わせていくと…


 はい!上半身の完成です!
  

Posted by 天野"kevin"達也 at 17:30Comments(0)ガンダムネタ

2011年11月13日

大阪駅です


ガンダムユニコーンvol.4を見るためにJR大阪駅に来ています…早く来すぎた!後一時間もどうやって時間潰したらええのん(苦笑)!

しかし先程大阪ステーションシネマを覗いて来たら開場前なのに熱心なガンダムファンが数名待っていました。限定グッズ目的なんでしょうか。偉いねぇ。
  
Posted by 天野"kevin"達也 at 08:38Comments(0)その他

2011年11月12日

ガンダムUCエースvol.3発売ですよ!



 ガンダムとガンダムエースとガンプラのおかげでブログが書けているケビやんです。さてガンダムエースの増刊号、ガンダムユニコーンエースが発売ですよ!で、早速購入してきたんですが…実はほとんど読んでいません(笑)!何故かというと掲載されている漫画は今日公開となるガンダムユニコーンep4に関係するお話がほとんどなのでネタばれ防止のために自主規制しているのです。劇場で見るまでは封印なのです!

 なのですが、しかし目次を読むと徳光康之先生の「それいけ!!松戸アングラー隊」が復活しているではないですか!これは読まざるをえないでしょうよ(力強く)!

ジュアックに歓喜する徳光先生!


そして妄想モードに入るいつもの
徳光節!


ガンダムエースよ!
私は帰ってきたー!

(徳光先生がだけど)


徳光先生はユニコーンep4を4回見たそうですが、僕も松戸アングラー隊を4回読み直しましたよっ!

 角川書店が中国向けに新しい漫画雑誌「天漫」というのを立ち上げたのですが、ここで連載されている顔開先生の手によるガンダムユニコーン漫画版をガンダムユニコーンにも掲載していました。

ちょっと問題のある発言かもしれないけどこっちの方が個性が出ていて良くできている気がするんだよなぁ。

 さて今号のオマケにユニコーンの食玩タイプのフィギュアが付いているのですが、ガンダムユニコーンの公式ツイッターアカウントによると富野総監督がこれを見て満面の笑みをしている写真が公開されていました。



↓写真はコチラ↓
http://p.twipple.jp/5sCm3
神々しい笑顔を拝むのじゃ~。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:54Comments(0)ガンダムエース

2011年11月10日

ニュータイプエースvol.3発売!

 さてさてガンダムエースの姉妹紙、ニュータイプエースvol.3が本日発売ですよ。

vol.1&2の目玉企画であった富野由悠季監督の新作情報は無し。まぁ今、原作となる小説を執筆している最中なんでしょうね。

 今号の付録はタイガー&バニーの巨大ポスター。兎に角でかいのよ!比較のためにCDを置いてみたのですが大きさが解るでしょうか。

これだけのサイズになると貼る部屋選ぶぞ…(笑)。

 さて毎度の事ながらガンダム関係の情報を。年末年始にかけて発売されるガンダムエース(とそれに準ずる)単行本のキャンペーンが始まります。

単行本の帯に付いている応募券を集めると抽選でプレゼントが貰えるのですが、5枚で申し込みが出来る安彦先生サイン入り複製原画がいいですねぇ。発売予定表を見ると間違いなく3冊は購入するんですよ。あとの2冊か…(苦笑)。

 さてさてガンダムユニコーンvol.4劇場公開に合わせて発売されるガンダムUCエースvol.3の告知も。「発売中」とありますがガンダムエースでは11日金曜日に発売と告知されていたので早くて10日、通常で11日入荷しているんじゃないでしょうか(追記:9日に入荷していた本屋さんもあったそうです)。

付録のユニコーンガンダムフィギュアとMS辞典は注目ですが…告知がこれだけというのはなんか変ですねぇ。いつもなら掲載する漫画の話とかあるはずなんですが。なにかサプライズがあるとか(謎)。

 大和田先生の「トミノ伝」はシャア役の池田秀一さんに関するエピソード。


 26日発売のガンダムエースの告知に帰ってきたトニーたけざきさんが。

今発売中のガンダムエースの告知ではトニーさんの復帰には触れていましたが、漫画の内容は解りませんでした。これを見るとトニーさんのオリジナルモビルスーツ「サク」のお話になりそうです。

 その他にもガンダムAGEやユニコーンvol.4情報も載っているニュータイプエースは只今発売中、580円です。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:21Comments(0)ガンダムエース