2010年08月31日

かつめしおにぎり


加古川名物「かつめし」のおにぎりがサークルKサンクスにあったので購入。美味。だけど、もうちょいデミグラスソースがほしかったな。
  

Posted by 天野"kevin"達也 at 20:32Comments(0)食べ物・飲み物

2010年08月30日

ABCで深夜2時半ですよ~。


2コマ目 TV「これは夢ではありません」
「現実です」
3コマ目 TV「名古屋の片隅で」
「ガンダム関係者が集結しているのです」
4コマ目 テム・レイ「ええい!」
「出ずっぱりのぬまっちはいい!」


 と、テム・レイが言ったかどうかは解りませんが(ぬまっちさん失礼!)。昨年名古屋で開催された「生誕30周年祭in NAGOYA ガンダムTHE FIRST」のダイジェストが今日の深夜2時半から4時までABCで放送されます。時間が時間ですのでビデオ録画して見て下さい(シャクティ・カリン調に)!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
昨年名古屋のポートメッセで開催された「生誕30周年祭in NAGOYA ガンダムTHE FIRST」のDVD-BOX、予約は締め切られましたがメーテレのショップではまだ予約を受け付けています。
http://www.mei-colle.com/goods/1274161226739#

「生誕30周年生誕祭 in nagoya ガンダム・THE・FIRST〜伝説の3DAYs 永久保存版」

発売予定日:2010年 9月 24日(金)
発売価格:19800円(税込)

公式サイト・ツイッター
http://www.nagoyatv.com/gundam30th_nagoya/dvd/
http://twitter.com/G30thDVD_numaka   

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:05Comments(0)ガンダムエース

2010年08月29日

浮世絵を


見た。神戸市立博物館のボストン美術館浮世絵名品展です。
  
Posted by 天野"kevin"達也 at 16:42Comments(0)その他

2010年08月29日

さ~て今日からのVガンダムは?

 さてさて先週から始まりましたBS11の「G−SELECTION」発売記念のVガンダム再放送。今日以降の放送予定がガンダムエース誌に出ていたので紹介したいと思います。

本日8月29日は第14話「ジブラルタル攻防」

ジュンコ「そんなこと…解っているからひっぱたきに行けないんじゃないか!…だから気が済むまでそこで泣いてな!それが…ケイトへの供養というもんだ。」
この回でリタイアした人、多いんじゃないでしょうかねぇ。

9月5日は第29話「新しいスーツV2」

シャクティ(次回予告)「私たちは…船を取り戻しましたけど、…ウッソはルペ・シノという夫人に捕まって…恐ろしい拷問を受けるのです。命からがら宇宙に脱出したウッソは…裸のまま新しいガンダムに乗り込まなければならないのです!」
正直、この次回予告色んな意味で変(笑)。

9月12日は第36話「母よ大地にかえれ」

ウッソ「母さんです。…なんであと5分早く戦争を止めろって!」
重い!重いなぁ。だれや!この回の作画監督は(怒)!

あ…(笑。失礼しました…)。

9月19日は最終回「天使たちの昇天」

あ、これじゃねえや…。


カテジナ「冬が来ると訳もなく悲しくなりません?」

「これじゃない」謎の一枚の解説は近い内にやります。本日BS11の19時半から
見て下さい(シャクティ・カリン調で)!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【第13回大阪ガンダム学会〜第8回Vガンダム研究会〜】
〜カイラスギリー戦役を考える〜

日時:9月6日(月) 開場19:00/開演19:30
場所:なんば白鯨(大阪市中央区千日前2-3-9味園ビル2F)
会費:1500円(1ドリンク付)   

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:38Comments(0)Vガンダム

2010年08月28日

サントリーの樽出原酒が販売終了?

 サントリーの山崎&白州蒸留所とネットショップで販売されていた樽出原酒が販売終了になったそうです。

http://www.suntory.co.jp/factory/yamazaki/guide/facilities/factoryshop/index.html

 ウィスキーファンには有名な話だったようですが、僕は昨日になってようやく知ってビックリ。ハイボールブームで元となる原酒が足りなくなっているという情報があったので、ここからは僕の憶測ですが樽出原酒用の物までハイボールでよく使われる角瓶に使われているのではないかと。ま、このブームが落ち着けばまた復活してくれるような気がするのですが、ウィスキーって10年とか15年とか時間をかけて作るものやからなぁ。しばらくは無理かも。

 家にある樽出原酒は白州の15年物だけになってしまいました。大切にして呑も。

  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:22Comments(0)お酒

2010年08月27日

同郷でありながら初めて知った「つりたくにこさん」

 昨日(26日)の神戸新聞を読んでいると「NHKの朝ドラ『ゲゲゲの女房』に出てくる南明奈(アッキーナ)さんが演じる河合はるこのモデルはつりたくにこさんではないか、という話がネット上で話題になっている」という記事を見つけました。この記事を読んでビックリしたのはつりたさんが僕と同じ高砂市出身だということです。高砂市出身の漫画家というと「あずまんが」のあずまきよひこさんが有名ですが、あずまさん以外にも漫画家がいたとは。



 つりたさんについては同じ「オタクの電脳ブログ」のすがやみつるさんが書かれているのでそちらの方を読んで下さい(やはりネットの情報よりもリアルタイムで経験した方の情報なのです)。
すがやみつるさんのブログ「読書:『フライト つりたくにこ作品集』」へのリンク

 すがやさんのブログにもありますが「河合はるこ=つりたくにこ」説が出たこともあって青林工藝舎から「フライト つりたくにこ作品集」が発売されています。これがきっかけになってつりたさんの再評価(というか始めての評価?)になるといいな、と思います。
Amazonの「フライト つりたくにこ作品集」へのリンク

 ところでこの記事を読んだ後、僕の父親に「つりたくにこさんという漫画家知ってる?」と聞いてみると
「あ、俺の小・中・高の同級生。」
との返事が。
ハァ(笑)?

神戸新聞の記事へのリンク  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:05Comments(0)その他

2010年08月26日

ガンダムエース10月号

有り難いことにガンダムエースのガンネタ選手権に載せて頂きました。えーっとこれで何ヶ月連続だ?七ヶ月ですか(しみじみ)。

一つ目

自分でも良くできたネタだと思っています。が、残念ながら「総帥閣下おっしゃり方」となってしまいました。正しくは「総帥閣下のおっしゃり方」です。ちなみに僕のミスではありません。だってパソコンに残っているデータには「の」がちゃんとあるもの。だからといって決して角川様のミスでもありません(大人としてハッキリ言えないこともあるのよ)!


あ、これ僕も書き上げた時、ぬまっちさんみたいやな、と思いました。

二つ目

「元気が出るテレビ」のサンコンさんへのバズーカ寝起きドッキリをイメージ。

来月号でこのガンネタ選手権の第10期優勝者が決まります(あ、そうなんだ)。面倒くさくてポイントの計算をしていない(というより捕らぬ狸の皮算用をしたくない)のですが、多分僕も含めて3人か4人くらい並んでいる状態だと思われます。なんとか一番を取りたいのですが、勝負となる時なのに元ネタとなる安彦良和先生のORIGINがお休み!
ハードル高っ!

「ガンダム生誕30周年祭DVD」の発売を記念して、昨年のイベントのステージに立たれたぬまっちさんが森口博子さんへインタビュー。


ん?ぬまっちさんと同じ雑誌に載ることについての感想?特にないです。

ウソです(偽トミノ風に)。
嬉しいというより感慨深いという感じですね。小さなしみじみが沢山あるという感じで。

ガンダムエースは正式には本日26日発売です。650円です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
昨年名古屋のポートメッセで開催された「生誕30周年祭in NAGOYA ガンダムTHE FIRST」のDVD-BOX、予約は締め切られましたがメーテレのショップではまだ予約を受け付けています。
http://www.mei-colle.com/goods/1274161226739#

「生誕30周年生誕祭 in nagoya ガンダム・THE・FIRST〜伝説の3DAYs 永久保存版」

発売予定日:2010年 9月 24日(金)
発売価格:19800円(税込)

公式サイト・ツイッター
http://www.nagoyatv.com/gundam30th_nagoya/dvd/
http://twitter.com/G30thDVD_numaka  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:29Comments(2)ガンダムエース

2010年08月25日

追悼:今敏監督

 アニメ監督の今敏さんが亡くなられました。今さんといえば監督デビュー作が竹内先生の「PERFECT BLUE」という事もあってサイキック青年団とのつながりが深く(大友克洋さんのアシスタント経験もあるという点も縁を感じます)、サイキッカーの皆さんなら知らない人はいないであろう方です。

 今さんの作品は「千年女優」しか見ていないためあまり多くのことを語れないのですが、作品を作るとアカデミー長編アニメ賞の「ノミネートのノミネート」に必ず入っていたので海外でも通用する作品作りが出来る人だと感じていましたし、いずれノミネートされてアカデミー賞のレッドカーペットを歩くだろうと想像していたので、残念で仕方ありません。「夢みる機械」という作品を製作中だったようですが、故人への最大の供養とするためにも残されたスタッフの皆さんには頑張って作品を完成させて欲しいと強く思います。合掌。

 「PERFECT BLUE」のLDは持っているんです。が、サイキックのコレクターズアイテムとして考えていたので買った時点で安心してしまい一度も見ていない状態なのです。勿体ない話ですが。


ライナーノーツにある今監督のインタビュー。テリー・ギリアム監督に影響を受けたとあるのですが、この作品以降の感じを見ると確かにその影響はあるように思えます。
  
Posted by 天野"kevin"達也 at 23:05Comments(2)映画

2010年08月24日

ゲームファンはkamiproを買いに行くのだ

 昨日発売のプロレス&格闘技雑誌のkamiproが面白い!今号の特集はゲーム!一応プロレス&格闘技雑誌なのでそこを切り口にゲームを語っているのですが、プロレスを知らなくても大丈夫!格闘技を知らなくても大丈夫!五味・谷川・榊原を知らなくても大丈夫!マニアにも伝わりにくいのに一般層に伝わる訳がない青木真也を知らなくても大大大丈夫!ゲームファンにこそ読んで欲しい一冊なのです。


取り上げられているゲーム内容を箇条書き。本当はそれぞれの企画にじっくり感想を言いたいんだけど言い出したら24日にアップできなくなるから…。

○高橋名人インタビュー(名人のプロ意識は素晴らしい!)

○俺たちのゲーム変態座談会(玉袋筋太郎さんとライターの椎名基樹さんのゲーム対談。ファイヤープロレスリング、ファミスタといったソフトを語っています。そうか、たけしの挑戦状はアウトレイジのプロトタイプだったのか!)

○新日本プロレスの中邑真輔選手が語るファイヤープロレスリング(見たいよ!アンドレvsヒョードル!)

○ファイヤープロレスリングを製作した須田剛一さんインタビュー(現在はグラスホッパー・マニュファクチュアCEO。プロレスでも格闘技でもトップになったレスナーは最強!)

○ゲームセンターCXプロデューサー、菅剛史さんインタビュー(ここでもたけしの挑戦状!)

○プロレスゲームズンドゴ年代記(はぁ~ズンドコズンドコ!)

○ファイヤー原田選手が恋愛ゲームについて語る(J-NETWORK・K-1の選手。ゲームが好きすぎてゲーム製作会社で働いた経験もあるとか!)

○ゲーム好きのプロレスラー、男色ディーノ(DDTプロレスリング所属)と菊タロー(フリーのプロレスラー)のゲーム対談(始めて知ったよ、人生プロレスというゲーム!)

○春麗のコスプレで表紙にもなっている8月29日のGirl’s S-CUP(シュートボクシングの女性だけの大会)に出場するRENA選手のインタビュー(でもゲームの話はそこそこ。大阪にこんな可愛いジョシカクファイターがいたのか?いたのだ!)

○元ひきこもり女子プロレスラー真琴選手(アイスリボン所属)が真・三国無双を語る(三国無双ってオカマキャラがいるの!)

で、最後に実は可愛かったブル中野さんでほっこりして下さい。エンターブレインから895円で発売中です。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:05Comments(0)ゲーム

2010年08月23日

インセプションのサントラ

 姫路のタワーレコードでインセプションと「エディット・ピアフ~愛の賛歌~」のサントラを購入。


インセプションの音楽はハンス・ジマー。クリムゾンタイドとかザ・ロック、デイライトといった作品を手掛けていた時期は「恰好いいなぁ。」と思っていたんですが、売れてからはちょっと大人しくなってしまって物足りなかった印象がありました。しかしインセプションのジマーは派手さが戻ってきて「キター!」という感じ。久しぶりに彼の手掛けたサントラを買いました。

 ただ残念ながらこの作品のキーとなる音楽、エディット・ピアフのNON,JE NE REGRETTE RIEN(邦題:水に流して)が収録されていないので「エディット・ピアフ~愛の賛歌~」も購入しました。ちなみに両作品共にマリオン・コティヤールが出演していますが(「ピアフ」の方でアカデミー主演女優賞を受賞)、NON,JE NE REGRETTE RIENを使ったのは彼女が出演したからではなく、脚本段階で決まっていたそうでたまたまなんだとか。

 そうそう、NON,JE NE REGRETTE RIENが入っていないと決めつけてインセプションのサントラを聴いていたんですが、10曲目に一瞬使われていてビクッ!としてしまいました(笑)。映画を見た人は解って貰えると思うんだけど(苦笑)。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:10Comments(0)映画

2010年08月22日

姫路城修理中

 午前中に買い物をするために姫路に行って来たんですが(暑かった…)、ついでに修理中の姫路城の近くまで行ってみました。周囲を足場となるフレームで囲まれていますが、ドックみたいな感じで男子的には嫌いじゃないです(笑)。


  

Posted by 天野"kevin"達也 at 18:30Comments(0)その他

2010年08月21日

ザクタンクでかっ!




フォンブラウンに来ています。話には聞いていたザクタンク大きい…しかも細かい…。一見の価値あり。
  

Posted by 天野"kevin"達也 at 13:22Comments(0)その他

2010年08月21日

8/22はJAZZ講談

 さて明日の8月22日の日曜日に旭堂南半球さんの弟弟子、旭堂南陽さんがJAZZ講談をやられます。やるんでございますねぇ。

JAZZ講談 チャーリー・パーカー物語
旭堂南陽とJAZZ一座
ds:上場正俊
b:神田芳郎
p:金谷こうすけ
ts:里村稔

日時:8月22日(日)
【昼】開場/14:00 開演/14:30
【夜】開場/18:00 開演/18:30
(公演時間は1時間45分を予定)

場所:トリイホール(大阪市中央区千日前1-7-11上方ビル4F)

料金:前売り・予約2,500円 当日3,000円



どうして急に南陽さんの告知をやったかというと、昨日(金曜日)の朝日新聞夕刊でJAZZ講談が取り上げられていたからです。2面のエンターテインメント情報のコーナーに出ていました。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪で開催されている「インターナショナルワークショップフェスティバル2010」でガンダム講談会のゲスト、細川博司さん(映画監督・舞台演出)が「映画と舞台の演技論」という講演をされます。

場所:大阪市立芸術創造館大練習室
日時:8月21日(土)15時から
参加費:500円
参加申し込みはHPから
http://www.artcomplex.net/doors/index.php
http://www.artcomplex.net/doors/250sche/index.php?itemid=5889&catid=369

申し込みをする場合は「参加エントリー」から名前とメールアドレスを入力して、IDとパスワードを取得する必要があります。
http://www.artcomplex.net/iwf2/index.php
また当日での飛び込みも可能で20人ほど枠があるそうです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【第13回大阪ガンダム学会~第8回Vガンダム研究会~】
~カイラスギリー戦役を考える~

日時:9月6日(月) 開場19:00/開演19:30
場所:なんば白鯨(大阪市中央区千日前2-3-9味園ビル2F)
会費:1500円(1ドリンク付)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
というわけでどれかに、来て下さい(シャクティ・カリン風に)!  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:30Comments(0)講談

2010年08月20日

Vガンダム再放送!

 Vガンダム再放送ですよ~。と、いってもVガンダム・Gガンダム・ガンダムW・ガンダムX・ターンAの各テレビシリーズを廉価版DVD-BOXとして発売する「G-SELECTION」の宣伝を兼ねての再放送なので全話放送ではなく傑作選なんだそうです。また「G-SELECTION」の各テレビシリーズの発売するタイミングが一ヶ月おきということを考えると(あくまで僕の予想ですが)4話くらいしか放送できないかもしれません。

 とはいえ今まで日陰の存在だったVガンダムを放送してくれるだけでも素直に嬉しいのです。BS11で日曜夜7時30分から放送されます。

BS11の番組HP



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪で開催されている「インターナショナルワークショップフェスティバル2010」でガンダム講談会のゲスト、細川博司さん(映画監督・舞台演出)が「映画と舞台の演技論」という講演をされます。

場所:大阪市立芸術創造館大練習室
日時:8月21日(土)15時から
参加費:500円
参加申し込みはHPから
http://www.artcomplex.net/doors/index.php
http://www.artcomplex.net/doors/250sche/index.php?itemid=5889&catid=369

申し込みをする場合は「参加エントリー」から名前とメールアドレスを入力して、IDとパスワードを取得する必要があります。
http://www.artcomplex.net/iwf2/index.php
また当日での飛び込みでも「空き次第」ですが入場できるそうです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【第13回大阪ガンダム学会~第8回Vガンダム研究会~】
~カイラスギリー戦役を考える~

日時:9月6日(月) 開場19:00/開演19:30
場所:なんば白鯨(大阪市中央区千日前2-3-9味園ビル2F)
会費:1500円(1ドリンク付)  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:29Comments(0)Vガンダム

2010年08月19日

変な字幕

 そういえばこの前、エマニエル夫人を見たんですよ。この映画、前に見た覚えがあるんですけど、どんな話か忘れてしまっていたので確認のために借りてみたんですが。映画としてはまぁまぁ面白かったんですが、この作品の字幕の文字の並べ方がなんか変でそこばかり気になってしまって…。


特に小さな「つ」の位置が変なんですよ。


この「つ」もおかしい。


「評」という漢字も日本で使われている物と違うような…。経費を抑えるために中国とかで字幕を制作したのかなぁ?正直、字幕の訳し方が、特に特典映像のそれは上手とは思えませんでした。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:05Comments(0)映画

2010年08月18日

SANYOのモバイルバッテリーレビュー

 暑いですねぇ。暑いとホント、ブログを書く気が無くなります…。

 ぶっちゃけ手抜きではありますが、Desire用に購入したSANYOのモバイルバッテリー「KBC-L2AS」のレビューをしようかと。


充電方法はACアダプターとUSB経由の二つ。パソコンからでも充電できるのが嬉しいところ。ストラップをつけるための穴もあります。


逆に電気を供給するUSBポートは二つ。この配慮も嬉しいところですが、二つの機器を同時に充電する事はそうないような…。

雑誌でのレビューではiPhone等のスマートフォンには1回から1回半充電できるとありますが、実験環境のように完全にスマートフォンのバッテリーを空まで使い切ってから充電する状況はそうないと思うので、実質2回は充電できるのではないでしょうか。大きさもスマートフォンの半分から三分の二くらいなので出先に持っていくのに邪魔にはならないと思います。無理に欠点をあげると充電するときも、電気を供給するときもゆっくりと時間をかけてやっている事くらいかなぁ?  

Posted by 天野"kevin"達也 at 10:30Comments(0)スマートフォン

2010年08月17日

インセプションを見た(2回も)

 インセプション見てきましたよ。いや、二回目なんですけどね。実は一回目は仕事疲れで一瞬寝てしまった(苦笑)のでそのリベンジをしたかったのと、見直してこの映画の仕組みを再確認したかった理由で二回見たのです。ちなみに一回目は字幕版、二回目は日本語吹き替え版です。

 主人公のドム・コブ(ディカプリオ)は人の夢に入り込んで企業の情報を盗み取る企業スパイ。コブは現実と見まごう夢の環境を作り出すことが出来、夢の中の夢までも生み出す事が出来る。相方のアーサー達と共に会社の社長であるサイトー(渡辺謙)の夢に入り込み情報を抜き取ろうとする。夢から覚めたと思ってサイトーが今は現実だと思っている状態(実はまだ夢)を利用して情報を抜き取ろうとするが、サイトーの自宅を模して作った夢の環境のささいなミスからサイトーにまだ夢だと感づかれたコブは情報抜き取りに失敗してしまう。

 仕事の依頼主から追われるのを怖れたコブ達は海外に逃げようとするが、そこで先回りしていたサイトーが今度は逆に仕事を依頼してくる。サイトーの会社と競合する会社を潰す内容なのだが、余命幾ばくもない社長の後継者となる息子に自ら会社の成長を止めるように記憶を植え付ける(「インセプション」)という物であった。記憶を盗むことに比べ、記憶を植え付けることは非常に難しいためアーサーは反対する物の、サイトーから提示された条件にコブは「訳アリのある理由から」拒否することが出来ず受諾する。コブとアーサーは世界中から優秀な人材を集めインセプションを実行するがはたして成功するのだろうか…というお話です。

 いやー面白かった!複雑な話ではあるんですが、そんなに難しくない。だけど、深く突き詰めるとまた新たな面白さが見えてくる作品になっています。これ、アカデミー賞のノミネート作品になるのは間違いないでしょうね。渡辺謙さんが再びノミネートされるかどうかまではさすがに解りませんが、授賞式におそらく居るのではないでしょうか。

 見終わった後で気づいたのですが、映画の仕組みとしてはマトリックスと似ています。が、独創性と仕組みの緻密さから上映中にマトリックスの二番煎じと感じる事はないと思います。それにマトリックスは子供的であるのに対し、インセプションは大人。マトリックスで描かれるバーチャル世界では格好良い服、武器、アクション、女(笑)が出てくるんですがそれってオタク青年が大好きな物じゃないですか。現にウォシャウスキー兄弟、特に弟さんの方がそうだった訳ですし。だけどインセプションは現実世界でも夢の世界でも区別をつけたらいけないという設定がある以上、大きく差を付けられない事情があるのですが、それでも全体的な雰囲気は大人な感じでスタイリッシュ。やっぱりクリストファー・ローラン監督がイギリス出身でイギリス・アメリカを子供の頃からよく行き来していたコスモポリタンという所が大きいのかなぁ?だからといってマトリックスのような世界観がダメといっている訳じゃないですよ。あれはあれでいいんですよ。女子受けは悪いでしょうけど(苦笑)。

 字幕版と日本語吹き替え版を見てどっちがお奨めか、と聞かれたら僕は基本字幕派なんですが、インセプションに限っては吹き替え版をお奨めします。この映画は情報量が多いために画面を見ながら字幕を見ようとすると疲れてしまうんですよ。僕が一瞬居眠りしてしまったのもこれが原因だと思います。という訳で吹き替え版がお奨め…なんですが実は今週から吹き替え版はどの映画館も縮小してしまっているんですよ…。

 さてこの映画で描かれた現実と夢の境目を皆さんは額面通り受け取っていますか?もしかしたら実はもう一つ夢の層があるかもしれないと考えませんでしたか…(ここでエデイット・ピアフが流れる)。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:20Comments(0)映画

2010年08月15日

甲子園歴史館

 さて昨日の話ですが甲子園には行ったものの、人気の早稲田実業の試合ということもあってかチケットを求める長蛇の列を前にして入るのを諦めて退散したのですが、ここまで来て帰るのも勿体ないので甲子園歴史館に行って来ました。

大人500円です。

中は太っ腹に写真撮影自由なんですが、展示物をブログ等でアップするのは止めて欲しいという断りがありましたので撮ってきた写真を載せるのは止めておきます。

ま、今までVガンダムとかVガンダムとかVガンダムの写真をアップして置いて何を遠慮してんねん、と言われそうですが。

 展示内容は基本的に高校野球と阪神タイガースに関する物です(当たり前ですけど)。僕は特にこの両者に思い入れがあるわけじゃなかったのですが、なかなか面白かったです。野球に興味がない人でも高校野球を扱った漫画のパネル展示があるのでそれを見るだけでも楽しめるんじゃないかなぁ。あの内容で500円は安いと思います。


ちなみに11番エリアから階段を上るとバックスクリーン下に行って甲子園を展望できるようになっているのですが、高校野球の期間中は入り口を閉じて入れないようにしているそうです。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 21:16Comments(0)その他

2010年08月14日

フォンブラウン復活!


行ってきましたよ〜。マスター復帰おめでとうございます。
  
Posted by 天野"kevin"達也 at 18:32Comments(2)その他

2010年08月14日

甲子園…


チケットは全席販売停止に。それでもチケット待ちのお客さんで一杯。しかも外野席は入れても通路を通過するだけだとか。このまま難波にむかおうかなぁ…。
  
Posted by 天野"kevin"達也 at 15:27Comments(0)その他