2009年12月31日

失われた物

 個人的には色々な出会いがあって収穫の多い年だったと思うのですが、その一方で生活の一部であったラジオ番組が三つも無くなってしまった一年でもありました。

 サイキック青年団はほとんど聴かなくなっていたんです。それは面白くなくなったからではなく、面白すぎて寝られなくなるので聴くのを止めたんです(笑)。2時45分以降に寝ると社会人としては翌朝がきつい!とはいえイベントには欠かさず行っていたので無くなるのはやはり寂しかったです。ただ不思議とサイキックがこれで終わる感じがしないために、総括するのはまだ早い感じがするんです。ラジオ番組なのかイベントなのかは解りませんが誠さんと竹内さんがどこかで楽しく喋っているような気が…。


 ネタ職人を始めたきっかけはまだ関西ローカルの存在だったアメザリさんを見て「この人達、絶対死ぬまで漫才やっている。応援して上げたい。」という気持ちからスレッドキングABCに投稿し出したのですが、オープニングでの普通のお便りや「ネットで見つけた面白ニュース」といった難易度の低いコーナーにしか関わっていませんでした。それが1時間から30分に縮小されてこれらのコーナーが無くなったために「自分には向いていない世界。」と思いつつもネタ職人界に飛び込まざるを得ない状況になってしまいました。正直言うと最初は嫌々ネタを書いていました(笑)。嫌だったけど番組を盛り上げたい気持ちがそれを上回っていたのかな?それが経験を重ねていく内にある程度出来るようになるんですから不思議なもんです。

 スレッドキングABCが終了したことは戦う場が無くなった喪失感はあるにはあるのですが、アメザリさんの東京での仕事の比重が大きくなっていく様子を見ていて「このまま大阪のラジオ番組をやり続ける事は東京での仕事の足かせになるのでは?」とも思っていたので変な感じですが終わってホッとした所もあります。


 「全力投球!!妹尾和夫です」が終わったのは人気もあっただけにただただ勿体ない感じがします。「おそらく」景気の冷え込みその他諸々の影響で終了せざるを得ない事情があったとはいえねぇ…。この番組にも仕事の合間にちょこちょこ投稿していたのですが、妹尾さんの代名詞となったCEO(ちょっと・エロい・おっさん)は僕が作り出した物なんです、実は(笑)。番組に投稿している他の方々にもこのCEOを愛用していただいたので僕としては良い物を生み出したな、と自負していました。ただ番組が終わるのと同時にこの言葉も無くなってしまう訳ですが。

 しかし振り返ってみるとパーソナリティーは当然として、スタッフやリスナーにスポットライトが当たるラジオ番組って普通はないですよねぇ。オンリーワンでしたよね。名物リスナーさん達、お元気でしょうか?  

Posted by 天野"kevin"達也 at 13:55Comments(2)スレキン

2009年12月31日

よゐこ部パーフェクトグレード

 昨日の夕方に放送されたよゐこ部は11月3日に放送された生物部の完全版だったのですが、前はエンドロールでちょっとだけ流されたぬまっちさんのモノマネも完全版となっていました。
-------------------
(釣果が出ず深夜3時になって疲労困憊の生物部一同)
浜口「(ため息まじりに)はぁ…。」

ぬまっち「浜口部長!」

浜口「ぬまっち?どうした?」

ぬ「生物部だぞ!なんで呼んでくれないんだ!」

浜口「どうした?」

ぬ「来たんだよ!」

浜口「来たの?なんやねん?」

ぬ「部長、元気なさそうだな。」

浜口「ほとんど今、釣れていないからなぁ。みんな会話も無くなってグッタリやねん。」

ぬ「雨も降っているぞ。」

浜口「下がりまくりやな。」

ぬ「天気の予定表くらいくれりゃいいのにな。」

浜口「ハハハ。多分その今のぬまっちのテンションみんなに無いから。」

ぬ「私もそんな気がする。」
-------------------
ぬ「まずは浜口部長!こいつを呼んできたぞ!」

ぬまっちアムロ「浜口さん!相手がザク…いやコイなら人間じゃないんだ!おやじにも釣られたことのないようなコイを釣って下さい!」



浜口「ハハハ。似てた!一人でアムロもできんねや。」

ぬまっちアムロ「そうなんです!出来るんです!やるぞ!マチルダさ~ん!」

浜口「マチルダさんあかんわ。今、しゃーんと響いたから。」

ぬ「なるほど、わかった。」

浜口「なんか笑って俺、ちょっと元気になったわ。」

ぬ「頼むぞ!部長が釣らなきゃ誰が釣るんだ!」

浜口「その感じでちょっとみんなのこと励ましてくれへんかな?」

ぬ「私を誰だと思っている!みんなを励ます男、シャア・アズナブルだ!」

浜口「もうちょい(テンション)押さえようか。」
-------------------
ぬ「どうだ?有野中尉、団長、釣れているか?」

有野「あ、ぬまっちや。」

ぬ「よし!有野中尉にはこいつだ!」

有野「あ、ブライトさん。」


ぬまっちブライト「有野中尉、左舷釣り竿少ないぞ!なにやってんの!」



有野「完成度が低い!団長も励まして上げた方がいいんじゃないですか?」

ぬ「それはそうだな。」

有野「ガンダムはまっていた?」

安田団長「ガンダムほとんど知らないです。(モビルスーツの)ガンダムしか知らないですね。ガンダムやって下さい。」



ぬまっちアムロ「こいつ!動くぞ!」

ぬまっちガンダム「グーーン!プシュー!ピカーンピカーン!パーパパーンパパーン。」

ぬまっちアムロ「なにか武器は無いのか?これだけか?」


ぬまっちガンダム「ダダダダダダ!団長!
-------------------
ぬまっちハロ「巨鯉ツッテ!巨鯉ツッテ!」



広海・深海(ひろみ・ふかみ)「?」
-------------------
ぬまっちドズル「(聞き取り不能)」



斉藤アナ「全然解らないです。」

ぬ「解らないのか?ガンダム見てくれよ!」



ぬ「地球圏はなかなかきびしいな。そうか、君たちに解るやつの方がいいのか。簡単だ!ちょっと待っていろよ。」

有野「変態こうへんかった?赤い変態こうへんかった?」

(ミスターチルドレンの桜井さんのモノマネを披露するぬまっちさん)



ぬ「桜井だ!チャーンチャチャンチャーン!」

一同「シーッ!」

ぬ「シーソーゲーム!ヘーィ!」

一同「シーッ!」

浜口「ぬまっちさぁ、ほんまに励まして欲しい人おんねん。」

(完全に爆睡している来栖アナ)

ぬ「なんだあの気配の消し方は。ニュータイプの私でも存在を気づかなかったぞ。」

(来栖アナを起こすぬまっちさん。きょとんと周りを見渡す来栖アナ)

来栖アナ「なんですか?この人は?」

浜口「うちの後輩なんです。みんなを励ますためにネタをしに来たんです。」

ぬ「最後だからな。ど派手なやつを。君にはとっておきだ!最後だぞ!鳩!



一同「似ている!」

有野「やっている顔すげーおもしれー!」

広海・深海(ひろみ・ふかみ)「やだー、気持ち悪い!」

ぬ「気持ち悪い言うな!」
-------------------
ぬ「頑張れよ!勝利の栄光を、君たちに!」



ぬ「ありがとう!やっと一つになった!」
-------------------
 これを書いていて「俺、今日すんげー
暇じゃん!」
ということに気づきました(笑)。ま、年末だからこういう時間の使い方も出来るわけで…。

 しかしぬまっちさんが女性アナのお二人に向かって「解らないのか?ガンダム見てくれよ!」という発言には深い物を感じましたよ。この発言の裏には「今、ガンダムを放送している放送局のアナウンサーがガンダムを知らないとはどういうことだ!」という悲しみがあったんじゃないかなぁ。もしかしたら「これやから女子は!」というのも思っていたのかも(違っていたらスイマセン)。

 昨日のテレビで面白かったのぬまっちさんと、NHKハイビジョンでやっていたマイケルジャクソンのコンサートだけやったなぁ。あ、これから深夜1時から始まるYMOが出演したNHK教育の「YOU」の再放送面白そうやけど。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:24Comments(6)ガンダムネタ