2009年10月31日

一向に組みあがらん

 書くネタがないので作りかけのFGZAKUIIの写真を。

 ガンダムマーカーで塗ってはアルコールで消し、を繰り返していたら「使い込んだZAKUIIにしたら格好良いんじゃないか?」と思い、色々やっている内にこんな風になりました。もうちょいで組み上がるのにどんな風に汚れた感じを出そうか試行錯誤している所で足踏み…。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 21:01Comments(0)ガンダムネタ

2009年10月30日

魔裟斗vs五味???

 いやーカードが弱いんじゃないか?と言われていたバーリトゥードジャパン09ですが蓋を開けてみれば熱戦が多くて面白かったです。細かな内容はこれから見る人もいるので止めておきますが、気になるのが五味隆典選手の試合後のコメントで大晦日のDynamite!!で魔裟斗選手と戦うことを示唆したのです。これが実際にオファーがあったのか、単に本人の希望かは解りませんが実現すれば総合格闘技ファンにはたまらない一戦になると思います。やれんのか!見れんのか!

追記:僕の記憶では昔にも魔裟斗・五味戦をやろうという動きがあったような気がするんですが…。どうでしたっけ?  

Posted by 天野"kevin"達也 at 22:25Comments(4)格闘技

2009年10月30日

This is it見てきたよ

 マイケル・ジャクソンの「This is it」見てきました。感想から先に言うと「もう一度見たい!」。

 内容はコンサート「This is it」のリハーサルを通してマイケルがどのように舞台を作り上げようとしていたのか、というものでした。ですのでこの映画を「残されたリハーサル風景を元にCGを組み合わせてヴァーチャルコンサートにしている」と期待している人がいたらかなりガッカリしてしまうと思います。リハーサルも本番を想定してやる通し稽古の段階ではなく、曲単位でやっている状態です。従ってマイケルも70%くらいの力でしかやっていない感じなのですか、このレベルでも恐ろしいほど完成度が高い!この状態でも凄いのに衣装もきちんと着て、舞台も組んで、各種効果を加えた完成版があったとしたらどんなに凄いコンサートになっていたんだろうと妄想してしまいました。

 マイケルはCDやPVで観客が見たり聴いてきた物をなるべく忠実に舞台で再現しようとしていたようなんですが、ならばBILLIE JEANのムーンウォークやSMOOTH CRIMINALの前のめりになっているのに倒れないアレとか見たかった!おそらく本番ではやることになっていたと思うんですが、リハーサルではやっていないようなんです(残念)。

 変にお涙頂戴になっていなかったのも個人的に良かったです。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 01:03Comments(0)映画

2009年10月29日

チケットだけ購入


昨日の19時から解禁となったマイケル・ジャクソンのドキュメンタリー映画「This is it」。初日はファンが多数押し寄せるのではないかと踏んで本日29日に見に行こうと決め、昨日の仕事終わりにチケットだけ買いに行ったのですが、周囲を見渡すとお客さんが多数待っている様子もなく…あれれ?

ちなみにこの映画のパンフレットは販売されないそうです。その変わりという訳では無いのでしょうがTシャツ、バッチ、ポスターといったマイケルグッツが多数売られていました。彼が亡くなったことは悲しいことですが、純粋に作品だけに集中できるようになりそれが再評価の流れにはなっていると思います。でもだからといってマイケルグッツを購入するほどみんな解りやすいのかしら?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

告知:場所はいずれもなんば白鯨(大阪市中央区千日前2-3-9味園ビル2F)
11/02(月)第二回【大阪ガンダム学会】(毎月第一月曜)
~もうコスモ貴族主義でいいんじゃないか?~
出演:旭堂南半球
○黒歴史に埋もれた不朽の名作F91を百倍面白く見るための法
開場18:30~ 開演19:00~
学会費:1000円(1ドリンク500円別)

11/05(木)アラサーBAR白鯨
open19:00(Bar営業) charge:¥0 (1ドリンク500円別)
出演:帝、
○コレクションや遊びなどアラサー少年時代の思い出を語るBAR

とりあえず、やってみるか~という流れの企画ですがw
アラサーの少年時代にスポットを当てたBARということで
当時のコレクション(カードダス、ネクロスの要塞)やゲームなどを
持ち寄って思い出話でもしながら楽しみましょうというイベントです。
まぁ、今回は最初なのでざっくりやりますw
続いていけば、いろいろと特集とかも組むつもりです(汗
俺、アラサーちゃうねん!っていう人も遊びにきてください♪

11/09(月)ポッドキャスト集会所(第二回)
open19:00(Bar営業) charge:¥0 (1ドリンク500円別)
出演:若林賢太郎・帝、
○白鯨のCM録ります!【わるナビ(仮)】の公開録音もあります!

11/12(木)映画喫茶白鯨:Bar形式
open:19:00 charge¥0(1ドリンク500円別)
出演(予定):吉田徹(アニメアール)・若林賢太郎
○映画好きが昔の金曜洋画劇場の吹き替えは良かったなぁ~、などと言いつつプロジェクターを使って「やっぱ映画はいいよなぁ」などと語る月に一度の映画Bar!

11/23(祝・月)アニミズムの夜明け(第2回)
open:19:00 ¥1000(1ドリンク500円別)

  

Posted by 天野"kevin"達也 at 11:54Comments(0)映画

2009年10月29日

ハッスル終了か???

 PRIDEを運営していたドリームステージエンターテインメントがプロレス部門として立ち上げた「ハッスル」。PRIDEがUFCに売却された際に分離独立し、兄貴分のPRIDEが消滅する一方、地上波も復活し安定していると思われていたのですがどうも雲行きが怪しくなってきました。

 今日開催予定だった物も含めて年内の四興行をすべてキャンセル。ブランドとしての「ハッスル」は継続していきたいようですが、記者会見では運営会社のハッスルエンターテインメントの清算の可能性を否定していない所を見ると…終わっちゃうのかなぁ?

 ハッスルはプロレスネタに加えてPRIDEがあったおかげで総合格闘技ネタも使えたので使う話題には事欠かなかったんですが、PRIDEが消滅してDREAMが誕生した頃から放送する局が違うせいか総合格闘技ネタが使えなくなって面白さがだんだん薄れてきたように感じました。さらに設立当時から提携していたプロレス団体「ZERO1」との提携が終わり、プロレスの基礎技術がしっかりしていて客を沸かせることの上手な大谷晋二郎選手や崔領二選手が2008年から出場しなくなったのも後になってみれば痛かったのかも。素人が上がる事の多かったハッスルではこういった選手がいたおかげでプロレスが成り立っていた所があったと思うんですよね。

 年末のビックイベント「ハッスルマニア2009」は開催したいようですが大会前日でのキャンセルという不祥事を起こした状態でお客さんは来てくれないと思うし、運営側に大きな会場を一杯にする力は残っていないのではないでしょうか?過去に参戦した名物レスラーを全員集めてお別れイベント、ハッスル版「やれんのか!」にすればとりあえずはこのイベントだけは成功出来るとは思うのですが…。

 しかし仕事がハッスルだけとなっていたレイザーラモンRGはほんと、どうするんだろ?  

Posted by 天野"kevin"達也 at 01:27Comments(0)プロレス

2009年10月28日

0系新幹線

 10月24日にDREAM.12の公開計量があったんですが、それが行われたホテル大阪ベイタワーの近くに交通科学博物館があったのでついでに見に行ってきました。


おっ、0系新幹線やん!交通科学博物館で何が展示されているか知らずに何となく入ったのでこれは嬉しいサプライズでした。調べてみると木村拓哉主演の「華麗なる一族」のロケで使われたとか。




ただ残念なのはミニシアターに改装された一両を除いて他の車輌には立入禁止になっていたこと。あの今となっては乗り心地のよくないシート、座りたかったなぁ(笑)。

博物館全体の雰囲気としては数は少ない物の自動車やバイク、飛行機も展示されており今は無き神田(秋葉原)の交通博物館に似ているかも。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 16:48Comments(0)その他

2009年10月27日

DREAM.12観戦記


開始前の様子。イベントが始まってもこれにもう少し足したくらいで空席が目立ちました。PRIDE全盛の頃に比べると格闘技人気が落ちているのもありますが、MBSで事前告知等をやっていればもう少し空席を埋められたような気が。大阪の大会なのに中継がないなんてどういうこと?

さてオープニング。

ダン!ダン!ダ、ダ、ダン!


熱い!ガスバーナー熱い!
ケージから結構離れているのにこの熱にはビックリ。VIP席の人はびびったんちゃうかなぁ。


大阪在住のファイター、前田吉朗選手が勝利。ケージの上に乗ってマイクパフォーマンス。

ユン・ドンシク選手は勝つには勝ったんだけど2Rの攻勢そのままに3Rに行くかと思いきや積極性の欠けた試合になりつまらない試合になってしまいました。

柴田勝頼・石澤常光戦の煽りVの〆に両者が所属していた新日本プロレスのテーマが流れると「おーっ!」というおそらく35以上の男性の野太い声があちこちで(笑、後でPPVでチェックするとその声は拾っていませんでしたね)。


休憩明けにDynamite!!2009の予告V。その後に出場予定の青木真也選手、所英男選手、川尻達也選手がケージイン。それぞれがアピール。

休憩後の最初の試合はゼレク弁慶ガレシック・桜庭和志戦。アキレス腱固めを狙う桜庭選手に対し、パウンドで応酬する弁慶選手。強烈なパウンドだったために会場が「桜庭ダメか?」という雰囲気になりつつあった時にヒザ十字を決めて桜庭選手の逆転勝利(桜庭選手にすれば逆転でもなんでもなく狙い通りだったんでしょうけど)。

さすが千両役者。観客総立ちで拍手。


弁慶選手をたたえる桜庭選手。


DREAM.10でウェルター級チャンピオンになったマリウス・ザロムスキー選手が韓国のベ・ミョンホ選手に勝利。

この次はエディ・アルバレス選手と菊野克紀選手の一戦だったのですが、綺麗な写真が撮れませんでした…。前にも書きましたが、UFCのケージよりも大きいケージになったためか金網際での攻防というのが全体を通してあまり見られなかったのですが、この一戦では比較的見られたのではないでしょうか。


メインマッチはジェームズ・トンプソン選手vsアリスター・オーフレイム選手。突進するトンプソン選手を冷静に対処し、フロントチョークでオーフレイム選手、あっさり33秒で勝利。


勝利者のみがケージに集まり写真撮影。桜庭選手は顔面にパウンドを浴びたために病院に直行し欠席。




さて、UFCなどで使われているケージは
○黒を主に使われており、金網にぶつかった音といったものが危険なイメージを連想させる。
○リングと比べると客席から中の様子が見えにくい。

という評判だったのですが、この新しいケージは

○白なので危険なイメージを連想させにくく、網も金網ではなくマトリックスという漁業とかで使われる丈夫な繊維を使った物なのでぶつかっても音がしない。
○客席から見てもリングと比べてもそんなに変わらず。状況によっては見やすかった事も。
という印象を持ちました。このケージだったらデンジャラスな感じも薄いので地上波のゴールデンでも大丈夫じゃないかなぁ?

いっその事DREAMはこれからケージでやっちゃってもいいかもしれない。DREAMはPRIDEの後継であるがためにあまり凄すぎたPRIDEと比較されてしまって、どうしても物足りない感じがしてしまうんです。PRIDEの象徴でもあるリングをあえて捨てる事で新しい日本の総合格闘技が見えてくるのではないか、と思ったりするんですが。


終演後の大阪城ホール。さすがに寂しい。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 18:37Comments(2)格闘技

2009年10月26日

月「地下」都市は可能か?

 昨日25日の神戸新聞の一面にちょっと夢のある記事が。


 月周回衛星「かぐや」が撮影した月の画像を解析していると縦穴を発見。この縦穴は火山活動の一環で出来る「溶岩トンネル」というものがあると必ず出来る物だそうで、発見された縦穴の下には深さが80~90m、長さは最大数十kmの空洞があると推測されているそうです。



 宇宙空間には放射線や隕石があるためにコロニーや月面都市というのは現実的に難しいそうなんです。でも月の地下ならばそれらの影響が無くなるためここを未来の有人基地にすることも可能なんだとか。ターンAガンダムのムーンレィスみたいな物も出来るかも?
ユニバース!ユニバース!  

Posted by 天野"kevin"達也 at 20:45Comments(0)ガンダムネタ

2009年10月26日

ガンAダメやった…

 本日発売のガンダムエース12月号、大阪のガンダムズには早くも土曜日には入荷していましたので早速購入しました。


 あーまたガンネタ選手権だめでした。こんなに難しいコーナーやったっけ?それより常連の和歌山のシッカロールさんが今回は一通も採用されていない事が気になる!


 ガンダムユニコーンのフル・フロンタル。シャアと比べるとちょっと太った?  

Posted by 天野"kevin"達也 at 13:01Comments(0)ガンダムエース

2009年10月26日

まんだらけの看板のおじさんは…

 ぬまっちさんのブログにあるまんだらけのおじさんは社長の古川益三さんです。古川さんは元々漫画家で自画像を書くときあのキャラクターを使っていました。

 まんだらけをあれだけ大きな会社にする前に趣味のトライアスロンが縁でトライアスロンの雑誌で漫画の連載をしていた事もあるんですよ。ドライアスロン業界ではちょっとした有名人でした(なんでこんな事を知っているかというと父親がトライアスロンをやっていましたので)。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 01:13Comments(2)その他

2009年10月25日

このケージいいかも


DREAM.12、休憩に入りました。客席からは見ずらいという評判だったケージですが、金網とは違うマトリックスという素材を使った網がいいのか意外と見やすいです。

UFCよりも大きいケージになったためかケージ際の攻防が今のところ見られないのは残念。
  

Posted by 天野"kevin"達也 at 17:25Comments(3)格闘技

2009年10月25日

DREAM.12開戦前


30分遅れで会場。肝心のケージ(金網)はまだ幕の中…。
  

Posted by 天野"kevin"達也 at 15:01Comments(0)格闘技

2009年10月25日

公開計量の写真

 本当は昨日の晩に写真をアップしたかったんですが、某所で食べたブルーチーズにやられまして(食べる分には問題なかったんですが、胃が拒絶反応を示したようで…)そのままダウン。ブログのチェックも出来ませんでした。今、ポカリと胃薬で体力の回復中です(涙)。

 とりあえず写真を公開。古いデジカメなので出来がいまいち。そろそろ新しいのを買う時期かなぁ。





しかしパンツ一丁のファイター達を見て「オー!」と言っているのは、よくよく考えると変…(苦笑)。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 10:06Comments(0)格闘技

2009年10月24日

計量開始です


お客さん150人くらいいるみたいです。
  

Posted by 天野"kevin"達也 at 12:06Comments(0)格闘技

2009年10月24日

公開計量潜入


DREAM.12の公開計量に来ています。先着50人限定のポスターは入手できず。残念。
  

Posted by 天野"kevin"達也 at 11:32Comments(0)格闘技

2009年10月23日

DREAM.5観戦記

 書くネタ無いなぁ、と思っていたら昨年7月に大阪城ホールで開催されたDREAM.5のレポートがあったので再録。ちょうど10月25日に同じく大阪城ホールでDREAM.12もあることですし。

(Glepで2008年7月22日に書いた記事を再録したものです)
 あーまさかこんな展開になるとはねぇ…(これから見る人のために結果は伏せておきます)。(注1)

 お客さんの熱はあったんだけど、結構空席が見られました。DREAMになって始めての観戦となったんですが、やっぱりPRIDEとは別のものになっちゃったなぁ。前はもっと男臭いファンで占めていたのが、宇野選手や所選手目当ての女性ファン、しかも追っかけ系が増えた感じ。

 秋山選手の応援も多かったですよ。大阪は彼の出身地だし、会場の大阪城ホールのすぐ近くの鶴橋はコリアタウンですからね。ブーイングと同じくらい拍手があったんじゃないかな?


(Glepで2008年7月24日に書いた記事を再録したものです)
 写真は大阪城ホールの様子です。開始直前に撮った物なのでこれにもう少し足したくらいは入っていたとは思うのですが、大入り御礼という感じではなかったですね。

 優勝したハンセン選手はDREAM.3でのエディ・アルバレス戦での素晴らしいファイトが評価されて会場での反応はリザーブファイトからウェルカム状態でした(元々日本での評価は高い選手でしたが)。

 またリザーブファイト後のマイクパフォーマンスで「病気と戦っている仲間に捧げます。」と発言した事から会場の心をよりキャッチ。決勝では青木選手に勝って欲しいと思っていた人が多数だったと思いますが、ハンセン選手でもOKよ、という空気になっていました。

 元々リザーブファイターが勝ち上がる可能性があるルールで運営されているため、ハンセン選手が優勝したことには何の文句もないし、心から祝福しています。ただ、1本勝ちが起きにくい軽量級で1日2試合するのは選手の負担が大きすぎるため今後は変えた方がいいのでは?魔裟斗選手の要望でK-1MAXでは1日2試合するのは無くなりましたが、DREAMでも導入した方がいいと思うんだけど。


(注1):DREAM.5でライト級トーナメントの準決勝・決勝が行われ、エディ・アルバレス選手が決勝に駒を進めた物の、川尻選手との死闘が原因で眼下底骨折の疑いがあったためにドクターストップ。リザーブファイトを勝ち抜いたヨアキム・ハンセン選手が変わりに決勝に進み、青木真也選手を倒しDREAMライト級チャンピオンとなったまさかの展開の事です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 さて見に行ってきますよ、DREAM.12。日本のメジャーイベントとしては97年のUFC-JAPAN以来となるケージ(金網)というだけでドキドキしています(俺だけ?)。それに初めて格闘技観戦したPRIDE.34に登場した桜庭和志選手ゼレク・弁慶・ガレシックジェームズ・トンプソン選手を再び見ることができるのが嬉しい(俺だけ??)。

 ところで24日土曜日に選手の前日計量が行われるんですが、そこに行くとお蔵入りの予定だった桜庭選手の写真が入ったDREAM.12のポスター(注2)が貰えるそうです。土曜日仕事休みやから見にいこうかなぁ。

(注2):桜庭選手は当初DREAM.12に出場予定だったのがDREAM.11に前倒しという形で出場。11と12の間が短いために連続出場は厳しいだろうという事から桜庭選手抜きのポスターを再制作したそうです。ところが格下の選手相手とはいえほぼノーダメージで桜庭選手が勝利したたために12にも出場できることになり、今回の配布の運びとなりました。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 15:39Comments(0)格闘技

2009年10月22日

シガーソケットの変換ケーブル

 最近はバイクにも電子機器を取り付ける流れが来ていまして、ETC・カーナビ・音楽プレーヤー・携帯電話を取り付ける事も珍しくなくなってきました。幸い僕のF650GSには標準でシガーソケットが取り付けられていまして(最近のBMWやドカティでは標準装備らしいです)、これで電源が取れると思いきや、よく見ると自動車で使われているシガーソケットより一回り小さい。調べてみると日本ではあまりメジャーではないヘラータイプというものが装着されているそうです。

 という訳でヘラータイプを標準のシガーソケットに変換するケーブルを購入


 本当ならばDOKENという所から出ていた変換ケーブルを購入したかったんですが、タイミング悪くバイク部品部門の活動を停止してしまったため、仕方なく同じような部品を扱っている某所から通販で購入。

 早速使って見ると刺さるには刺さるんですが、どうも接触が不安定。不良品という感じでもないのでよくよく見てみるとプラグが普通のシガーソケットでもヘラータイプでも使える欲張り仕様になっているために両脇から出ている端子(アース?)部分の接触が甘いようです。振動の多いバイクですからこのままでは安定して電気機器に電気を供給出来ません。

 買い直すのも勿体ないのでケーブルとかを縛る結束バンドの細い物を通して端子部分が内側に引っ込まないようにし、無理矢理接触を良くしました。とりあえず安定して電気を送れそうですが、まだブラグがゆるゆるな感じがするのはちょっと不安。


 本当は下のような端子部分が360度全部あるタイプがベストらしいです。


 タンクバックも購入したしこれでロングツーリングに…行く時間あるのかなぁ???  

Posted by 天野"kevin"達也 at 11:54Comments(0)BMW・F650GS

2009年10月22日

イチローズモルト

 10月15日の神戸新聞夕刊で「ベンチャーウィスキー」という日本の小規模ウィスキーメーカーを紹介していました。



 社長のお父様が残された原酒の樽を元に作られたウィスキーがイギリスの「ウィスキーマガジン」という雑誌で最高評価を受けたそうです。

製造元「ベンチャーウィスキー」のHP
ウィキペディアによるベンチャーウィスキーの解説
【楽天市場】きき酒倶楽部内のイチローズモルトのページ

 なかなか面白そうだったので早速購入してみました。もちろん一番安いのを。一本1万円のなんか手を出せましぇん(涙)。

予想以上に味・匂い共にスッキリしていて、油断すると飲み過ぎているおそれが。ストレートや極力薄めない水割りが向いている点を考えるとアイリッシュに似ているかも。仕込みに使われた樽の木の匂いがほのかに香るのが良かったです。

 ただ、スッキリしすぎていて人によっては味気ない感じがするかも。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 00:24Comments(0)お酒

2009年10月21日

そりゃねえぜぇフジテレビCS

 フジテレビのCSチャンネル、ONE・TWO・NEXT(旧721・739)では毎年F1のオフシーズンに過去のF1の名レースを2年単位で放送していまして、順番から行くと今年は89・90年だったはずなんですが、残念ながら放送はないそうです。代わりというわけではないでしょうが海外で制作された70~80年のF1の総集編を放送するそうです。

「F1グランプリの歴史1970-1980」のページ

 放映権料が高かったとか色んな理由があったんでしょうが、89・90年のF1見たかったなぁ。この2年はジャン・アレジのデビュー(89年フランスGP)、セナプロ衝突+ナニーニ優勝(89年日本GP)、中嶋悟のファステストラップ(89年オーストラリアGP)、ジャン・アレジとセナのバトル(90年アメリカGP)、レイトンハウスのカペリ快走(90年フランスGP)、再びセナプロ衝突+ベネトン1・2フィニッシュ+鈴木亜久里3位表彰台(90年日本GP)等々色々あったので余計に見たかったです。残念。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 18:19Comments(2)モータースポーツ

2009年10月21日

MJの新譜「This is it」

 先ほどまでマイケル・ジャクソン特集をやっていた「ベストヒットUSA2009」(BS朝日)を見て「やっぱマイケル凄いなぁ。」と思ったケビンです。さてさて28日から幻のロンドン公演のリハーサル風景を中心に構成された映画「This is it」が公開ですよ。個人的には今一番見たい映画だったりします。



 マイケル関係の記事でYahoo!ニュースのコメント欄を見ていると「亡くなった人を利用して商売するな」といった意見が多く見られるんですが、貴重な音源・映像をそのままお蔵入りさせるのはもったいないと思うんですけどねぇ。フレディ・マーキュリーとセッションした音源とかYMOのビハインドマスクに歌詞を付けた物(マイケルのアルバムには採用されなかったがエリック・クラプトンのアルバムに収録)とか色々未公開の物があるそうです。きちんと作品として聴けるレベルであるのなら聴いてみたいなぁ。  

Posted by 天野"kevin"達也 at 01:00Comments(0)音楽